FXを始めるのに知っておくこと

FXで注意しなければいけないこと
沢山あり過ぎ?そんなことありません
注意するところはこことここだけです!

FX会社による「信託保全」とは

2017-04-04 16:24:52 | FX




豆知識で一休憩


東京駅の駅長


東京駅には駅長が二人いる。


これは、東京駅がJR東日本とJR東海の二社によって運営されているため。



同様に新大阪駅、博多駅も駅長が二人。



FX会社による「信託保全」とは、すごく簡単に言えば「FX会社の資産と、投資家から預かった証拠金を別に管理し、FX会社が経営破綻をした場合でも、投資家の預け入れた証拠金は戻ってくる、という仕組み」のことです。

投資信託を購入されている方なら、信託保全という言葉は既に、ご存知のことと思います。

信託保全をきちんと行ってるFX会社は、安心して利用ができます。

ただし証拠金は返ってくるとしても、「経営破綻をした」という場合には、一時的にFX取引ができなくなるという意味ではあります。

そのため、一社だけではなく複数のFX会社と取引をしておき、一社が・・・つづきを読む
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX取引で利益を出すには、3ヵ... | トップ | FXは24時間取引することがで... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL