皮はとってください

気づいたらアラフィフマン。趣味のクロールと自動車のお話など。
デスマスとモンキリはてきとーです。

練習記録165(久々のW・S)

2017-03-07 22:37:53 | Swim
週末、久々にW・Sに参加してきた。今回は2BK。どうにもうまくいか
ない右キックを何とかしたいということで行ったが、いつものよう
に「問題はそこじゃねぇよ#」という結果に。www

まず最初に撮ったビデオ。「どうせ上手くは泳げん」と諦めてはいる
が、それでも緊張していつも通りには泳げない。これはイカン、と
思ってる内に終了。orz

ビデオ分析では右のリカバリーで腕の上がりが足りず、入水が遠く
て水しぶきが少し上がるとのご指摘。ホームプールで泳いでいる時
も、泳ぎ始めの時間帯にそういう感触はあったが、正にその状態が
記録されていた。原因はロール角が足りないかキープできていない
ことだろうとのこと。もう少し調子がでると違うと思うのだが、言
い訳しても始まらんので言わなかった。

それより驚いたのは体の反り。コーチからの指摘は無かったが、史
上最強?というぐらい反っている。尻と脚だけを見るとあまり沈ん
ではいないのだが、問題は腰とお腹が下がっているということだ。
これでよく腰を痛めないな、と我ながら思ったりした。この原因、
前見の顔の向きが関係していることは間違いない。それから背中が
平らな私の骨格も関係していると思われる。後者の方はどうしよう
もないわけだが。

肝心の2BKは「ほぼできてます」でおしまい。もちろんドリルは沢
山やったが細かい話はあまり無く、蹴り方について言えば、以前受
けた別のコーチの教えとは逆だったりして、正直なところ「どっち
が正しいんだ?」と困ってしまった部分もある。

最後のビデオ撮影では、前向き過ぎの修正とロール角のキープを意
識して泳いだが、結果、反りは気にならないレベルに納まった。し
かしこの経過、振り返ると3年前のW・S時と全く同じなんだよなぁ。

右リカバリーは確かにイマイチだが、問題無くできてる回もあった。
ただ、このためにロール角を増やすってどうなのよ?と帰ってきて
から思う。ロール角は抑え目がよいと教わってきているのに、自分
のはそもそも大き過ぎる。水しぶきが立つと何が問題なのかも分か
らない。自分が目標にしているホームプールの諸先輩方は、手入水
時の水しぶき、平たいリカバリーなんかは全然あり。最近、水上の
きれいさと速さはあまり関係ないと思っていて、きれいさに対する
憧れはなくなりつつある。水中はきれいじゃないとだめだと思うが。

そういえば、顔の向きについては、今回のコーチからはっきりと真
下向きじゃない方がよい、という話が聞けたのは良かった。他のコ
ーチは前見はダメだの一点張りだったりする。このことは他の参加
者も指摘していたが、スクールで統一してもらいたい内容だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昨日、早速ホームプールで泳いできた。指摘された右リカバリーは
自分的にはすぐに改良できたと思う。元々は高すぎると言われたの
で平たく変更した訳だし。

体の反りを直す方の話は、顔を少し下向に修正すれば直ることは分
かっているが、これをやるとスピードが落ちて息継ぎもやりにくく、
30往復が苦行に変わる。そこで、逆に顔は更に前に向けて、背中を
丸めるような意識で泳いでみたところ、体が水中の浅いところにキ
ープできる感じになって調子がよかった。この方法で泳いだら、こ
れまで片道ついていくのがやっとだったお二方に1往復以上楽につ
いて行けた。ということで当面この方針でいってみたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 左足で。 | トップ | 練習記録166 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Swim」カテゴリの最新記事