どしろうとのチャリンコ 岩槻からサイクリング

埼玉県・東岩槻界隈を舞台とした自転車の話題中心のド素人日記です。

DAHONに(ペット)ボトルケージ。

2017年04月29日 | サイクリング・平地

ゴールデンウィーク開始、ですが、午後にゲリラ発生の予報。少しでも雨天走行は勘弁なので山方面は行けそうにない、と。

どっちにしろ午前中は東京なので、まあ、すぐ帰宅すればサイクリングも可です。そんななか、環七までワープ出来るとのことで、足立区役所まで送ってもらうことに。

チャリはDAHON・ホライズ。ロードでも車に乗っけることは出来ますけど車輪は外さないといけなく面倒。なので折りたたみチャリで。

荒川にはやたら早く着いてしまったので時速15kmレベルで。それにしても流石にロードバイクだらけですね、この時期になると。

東京でワンストップ後、今度は江戸川へ。輪行ワープも考えましたが、葛西橋から先の一般道を試してみたく、自走で。

葛西橋から江戸川までは一直線で結構近い。車からのプレッシャーを感じる地点も少しありますが土日祝なら問題なしでしょう。

江戸川、といってもまだ旧江戸川ですけど、工事区間が幾つか有り、珍しく一般道走行。でもこっちのほうが早いですね。

江戸川本体(?)に入ってからは追い風も手伝い軽快走行。時速25kmちょいくらい。HORIZEはこのレベルのスピードも問題なし。

途中、ロードの集団(時速20数kmくらい)を追い抜く。と、まあなんとなく予想はしてましたけど、追いかけてきたーーー。

ぴったりではないけど、確実に後ろについてくる。なんだかなあ。他人なんですけどねえ。一人強め風味の人がいたみたいでその人が追いかけてくるわけですね。もう少しグループの面倒見ましょうよ。

DAHONで意欲的走行はすぐにバテそうなのですけど、追い風もあったので、時速28km、時速30km、とあげてみる。でも、やはりついてくる始末。最初のペースどうした。

最終的には橋の下を潜った後の登り&その後で一気に引き離して単独走行復活です。休憩か離脱かグループに戻ったか。

なんにしてもそれまでのペースを変えてまで赤の他人の後ろに長々とつくのはやめましょうよ。この点に関しては今月号のサイスポ必読ヵ。

で、帰宅は15:00。その後にちょろっと強めの雨は降りましたけど、これならちょっとしたクールダウン程度だったかな?でもやっぱチャリの整備が面倒そうなので嫌だったか。

そういや、タイトルのボトルケージ話を書いてないですね。それは下記で画像付きで。


DAHON用に買ってみたペットボトル用ボトルケージ。普通のボトルケージだとDAHONフレームに水平設置でボトルが勝手に離脱する懸念あり。なので、口の部分をゴムで止められるペットボトル用なら安心?ということで。


こんな感じで完璧。画像は最近見かける650mmと大きめのものですが問題なし。流石に走行中に飲むのは難しい。といっても出し入れは意外に簡単。口のゴムの部分も見ずに引っ掛けることは出来ます。が、ペットボトルの蓋が問題。走行しながらだと落としたりする危険性がありますから。ワンタッチ系の蓋を試してみるか、細身のチャリボトルを探してみるか。でもまあ、止まって飲めばいいか。


荒川CR。毎年春まで何らかの工事をやってますけど、このダートの部分いつまでたっても舗装されませんね。ココらへんの護岸工事でもあればついでに舗装化される?


本日の花。バーベナという花らしい。


帰路。葛西橋を走った道と旧江戸川の接触ポイント。ここがいきなり工事中。来年3月までだそうですけど。旧江戸川右岸は一般道もずっと平行してるので迂回は問題なし。


江戸川右岸。かなりの追い風。上記のロード何やかやがあってペースもよく、40km走行の自己最短タイム更新でした。よく考えればアレがなかったらもしかするとラストで雨に降られたかも。そう考えると感謝感謝。

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DAHON HORIZEのブレーキ交換。 | トップ | 2017年4月チャリ走行な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。