どしろうとのチャリンコ 岩槻からサイクリング

埼玉県・東岩槻界隈を舞台とした自転車の話題中心のド素人日記です。

岩槻から川越まで小径チャリでサイクリング。

2017年08月13日 | サイクリング・平地

7月中盤から暑くなり、サイクリングにはなかなか出れず。ご近所30~50km程度てのはあるんですが。

8月に入ってからはなぜか気温は低めに。でもその理由が雨模様なので、これまたサイクリングには出れない、と。

めずらしく、雨の心配がないのに前日翌日の天気の関係か気温が適度の休日ってのが今回。

サイクリング専用チャリのダホン・ホライズで出撃。上記の理由でほとんど出番がなかったですから。

目的地はなんとなくで出発。とりあえず川越までは行ってみようかと。そこから自走か、輪行かはその時決める方針で。

普段通勤チャリで走る埼玉県道2号をサイクリングで走るのもこれはこれで興味深い。時間に縛られないってのは良い。

大宮を過ぎて、荒川。かなりの数のスポーツチャリ、というかロードバイク。一瞬こちらも荒川走りたくなりましたが、当初の予定通りスルーして国道16号へ。

国道16号は流石に車道を走れないので歩道をのんびりってほどでもなく、まったく人がいないので時速20km程度なら出せますね。

川越界隈で国道から県道に入って最終的には川越駅ではなく、川越市駅の方で。まあ今回はそこから更に輪行で ” 奥地 ” に向かったのですが、それはまた次で。


埼玉県道2号。平日でもここらのメイン道路の割には走りやすいですが、休日なら尚更。大型車も少ないし。まあ15年も通勤で走って慣れてるってのもありますけど。


大宮駅。ここから輪行ってのも手ですけど、それなら別に川越線、宇都宮線、高崎線それぞれに岩槻から自走でより良い駅がありますから。ちなみに岩槻から乗る東武野田線は川越線の対角線上にホームがあるので輪行ではかなり不便。京浜東北系も目の前にあるのにかなり迂回して改札出入りしないといけない。ナントカならんものですかね。ホーム自体をつなぐ歩道橋とか、途中にある壁を改札に変えるとか。さらにいうと東武とJRは乗り入れてる路線もあるのだから、野田線も直接JR路線に行くダイヤがあってもバチは当たらないと思うのですけど(現在、線路はつながってませんが)。


国道16号。走ってるのが乗用車ならなんとか車道をチャリで走ることも出来るかもしれませんが(それでもはみ出た植物、排水口連発の路肩がきつい)、休日でも頻繁にトラックも走ってるので、ここは空気を読んで歩道をのんびり走るのが吉。


国道16号から枝分かれする県道への分岐交差点。画像では移ってませんが、右折(直進)方向に県道。車道に出て県道に向かうのは自殺行為なので、歩道橋を押し歩き。手前の交差点で対岸に渡っとけって話ですけど。まあ足つきナシにこだわる必要もないし。


で、東武川越市駅。ここは乗るのも降りるのも初めて。他にも近くに川越駅、本川越駅とあって紛らわしい。画像の”かわごえしか”ってのまぎらわしい。

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年7月チャリンコ走... | トップ | 越生の大クスの坂道を折り畳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。