どしろうとのチャリンコ 岩槻からサイクリング

埼玉県・東岩槻界隈を舞台とした自転車の話題中心のド素人日記です。

クロスバイクをフロントトリプルにする。

2017年06月16日 | チャリンコ

現在の所持チャリで一番古いのがスペシャライズドのクロスバイク、クロストレイル・スポーツ(2007)です。自分が初めて意識してかったスポーツチャリでもあります。まあ当時はチャリ通勤のために買ったのですけど。

もともとDEORE未満の27速チャリだったのですが、その後いろんなカスタマイズを施してきました。リアを11-32Tからロード系の11-23T(だったかな?)にしてみたり、前後ともにシングルにしたり、ハンドルはブルホーンやドロップ化も。

最近のはドロップハンドル&フロントシングル38T・リア11-27Tという構成でした。しかし、これはそのまま折り畳みマウンテンの方に移植してしまい、クロストレイルはバラしたままになっていたのですが……。

この度、ちゃんと走れるように、ということで、初期の構成、フロント・トリプル&リア・9速ワイドスプロケに戻すことに。すごいのが今回のカスタマイズにケーブルも含め全くコストがかかっていないことです。いつの間にかいろんなパーツがたまっていたのですねえ。

フレーム、サス、ステム、ホイールは、買ったときのまま。変速制動系はDEORE未満だったものが(クランクがスギノとかだった)DEORE以上に(シフトがXT、ブレーキがLXなど)。リア9速のままですが、なかなかの完成度になったかと。

このチャリ、当時買う前に、スペシャの自転車は長持ちするのでショップ泣かせ、みたいな記事を見たことがあったのですが、買って10年、最近は走行機会が激減していたものの、途中までは通勤&サイクリングチャリとして年1万キロオーバーのときもあった割に、まだまだ使えそうで、当時の評価は本当だったのだなあ、と。

カスタマイズもこれでラスト、ってわけでもなく、タイヤを細いものにするとか、ディスク対応ホイールでディスクロードもどきか、27.5マウンテンにするとか、いろいろ先がありそうではあります。でも、とりあえずトリプルの威力を知るためになじみの坂道でもいってテスト走行してみますかな。


シフトは9速のXT。このシフターを使うために10sや11sに行ってないというまで有る。別チャリでも常に使い続けてきたシフターで結構ヘタってるはずですけど。ただ今回はケーブルをアウター、インナーともに交換したのでシフトの軽さが別次元に良くなりました。ブレーキはダホンについていたAvid製のもの。これはDEOREがあったのですけど、こっちのがシンプルで軽かったので。操作・タッチは全く問題なし。


ハンドルは当然フラットハンドル。ちなみにこれもダホンから移植。長さに余裕があったので久々にバーエンドを装着。スペシャ製。こういうきっちり走れるチャリだとバーエンドは効果が高い気がします。姿勢も低くしやすいし、坂道もふかし抜きでギア1枚分以上軽くなります。


ブレーキはミニVからノーマルVへ。DEOREもありましたけど、ここは安値のときに買っておいたLXを。ミニVと違ってリリースに余裕があるので輪行も出来るようになったはず。


ディレイラーはDEORE。シャドーではない。スプロケはSLX相当の11-32T。これは通勤チャリのCBA・TWALDYから移植。代わりにTWALDYは105&11-25Tという構成に。そっちは平地しか走らないので問題ないと判断。



フロントはナローワイド38TからDEOREの44-32-22Tトリプルへ。ディレイラーはアウター48T向けですが変速、音鳴りともに問題なし。これでインナーローで0.6875という凄まじいギア比が取れることに。これならどんな激坂でも大丈夫でしょう(スピードはともかく)。


サスは初期装備のまま。これは多少動きが柔らかくなりすぎてきている気も。ただロックアウト機能は正常に動くので峠TTでは活用したいところです。


タイヤは700x45cもの。さすがにこれは消耗しているので近々新しいものにしたいところです。最近ロードでワイドリムが流行りだしていることを受け、28cクラスのタイヤも市民権を得つつあるかもしれないので検討したいです。


ヘルシーロードを少しだけテスト走行。700x45cというタイヤのせいか、巡航は余り軽くない。ただロードと同じく負荷感を感じてもギアを上げていく、というような走り方にするととたんにスピードが乗ってきます。アウターも44Tなのでトップスピードも問題ない。タイヤの重量が1本500g強と激重なのでここはなんとかしたいところ。

後はホイールですけど、700c、リムブレーキ、リア135mmというのは絶滅危惧種なので選択肢がない。少ない希望としては、ディスクロード向けのホイール(ZONDA DBなど)ですが、うん、Vブレーキいらなくなりますね。折角のLXがもったいない。ただディスクブレーキだと27.5ホイールとかも簡単に併用できそうで興味深くはあります。でもこちらもスルーアクスルが主流になるんでしょうけど。

シマノがリア12速ロードむけに135mmエンドを採用してきたらリムブレーキホイールもまだまだ大丈夫になるはずですけど、やはりディスクブレーキとセットなんでしょうねえ。さてさて。

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折り畳みマウンテンVILLEで越... | トップ | トリプルクランクのチャリの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。