どしろうとのチャリンコ 岩槻からサイクリング

埼玉県・東岩槻界隈を舞台とした自転車の話題中心のド素人日記です。

VIA NIRONEの標準パーツの重量を量ってみる。

2011年12月14日 | チャリンコ

先日購入したロードバイクの話。

カタログの重量が9.4kgとなっている、ビアンキのVIA NIRONE7(SORA)ですが、体重計計測の実重は10.2kgとなりました。誤差があるとしても10kgを切ることはなさそう。

カタログ設定から足されているのは、ペダルと、ボトルケージ、サイコンセンサー・ブラケット。これでサイズが最大の57cmフレームを勘案しても+800gとは、ちょっと、おや?と思ったのも事実。

まあ、それはともかく、そのペダルとかは実際どのくらいの重さか興味が出てきたので、重量計(キッチン用)を入手してきて量ってみることに。

結果、

Fホイール 947g
Rホイール 1190g
Fクイック 82g
9sスプロケ 231g
タイヤ 385g
チューブ 96g
サドル 295g
シートポスト 277g
ペダル片方 120g
ボトルケージ 62g

となりました。

ペダルが意外に軽く、ボトルケージと今回は量ってませんが、サイコン類をあわせて350g程度と思われます。

フレーム類のサイズ可変部分は、フレーム本体、ステム、ハンドル、クランクというところ。まあ、基準フレームがミドル以下なら確かにこれで400gくらい差があっておかしくない……ヵ。

細かいところを見ていくと、やはりホイール周りの重さがすごい。ホイール前後で2130gくらいを筆頭に、フロントクイックが82g(リアは未計測だがこのぶんだと100gはありそう)、チューブ96g、そしてタイヤが385g。

いや、385gて。このタイヤが衝撃。もちろんワイヤービード。勝手な想像ながらロードタイヤってすべて繊維系のビードだと思ってました。23cで400g近い重さは圧巻。

その分、頑丈なのでしょう。すごく厚みがありましたし、固い。外すのもはめるのもすごく時間がかかりました。久々にタイヤレバーのお世話に。

このタイヤ、たしかにパンクには強いでしょうが、それでもパンクしてしまった場合、修理に相当時間がかかりそう。

こういう、ホイールやタイヤを装備しているNIRONE下位機種というのは、コストダウンということもあるのでしょうが、ターゲットがロードだけではなく、スポーツ自転車自体の入門者を見ているのでは、とも思えます。

とりあえず、安定した走行で練習して、そのあと、タイヤなりホイールなり交換すれば、”伸び代”のあるフレームっぽいので、いくらでも快速系に振ることもできるのでしょう。

ともかく、ワタクシは、すぐにでもホイール一式交換してみたくなって来ました。shimanoのWH-6700なんかに普通のタイヤをかませるだけでも1kgは軽くなりそう。コストは5万円ってところですか。

見積もってみると、このフレームでは、上記に加えパーツ類をULTEGRAクラスにすれば実重で8.5kgくらいはいきそうですね。まあ、トータルコストも10万円以上かかりますが……。なら最初から20万円クラスのカーボンバイク買っとけってことヵ。

まあ、妄想はともかく、しばらくこの重さを堪能したあと、来年の秋シーズンくらいにタイヤ・ホイール交換ですかね。



リアは、タイヤはめたまま計測。この重さなのだから頑丈だと思いたい。


衝撃のタイヤ。クロスバイクについてる700x32cでも300gちょいのはずですが……。


チューブも相当。さすがに45cまで対応のクロスバイク向けよりは軽そうですが。


カーボンシートポストはそれほど軽くない。てか、350mmとしてはアルミより重い。衝撃吸収性を重視?ボルト締めるとき気を使うしデザインも微妙なのでアルミものに交換も?


唯一、納得の軽量パーツがこれ。普通の大きさのフラペ左右で240gとは最軽量の部類といえるでしょう。検索しても出て来ませんが、売っていたら1980円とか?ちなみにカタログではlook KEO Easyというビンディングペダル付属となっていますが。

11/12/14:equipage
 Dst:24.05km Av:21.6kmh Mx:32.1kmh
11/12/13:equipage
 Dst:27.23km Av:22.2kmh Mx:33.2kmh
11/12/12:equipage
 Dst:24.56km Av:21.6kmh Mx:40.3kmh

ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関宿までサイクリング。 | トップ | 折りたたみチャリのタイヤを... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぽんちー)
2014-12-03 10:28:58
我輩の'09ニローネ君(4500ティアグラ仕様)は
WH6700+ルビノプロで実測8.6kgです。
決して軽い部類ではないが、タフネスとの兼ね合いではいいバランスなのかな?
いずれ6800コンポとか搭載してみたいがお金がないw
11S化したらWH6700使えなくなるし。
Unknown (kzym15)
2014-12-05 23:06:25
ほうほう、ティアグラで8kg台に行くとは興味深いですね。現在の我がニローネはほぼSORA&RS21&ルビノもしくはGP4000で9.4kg前後というところです。

SORAで悩ましいのは11速はおろか、10速ですら互換性がないということです。RS21は11速対応なのですけどね。大は小を兼ねるで、チェーンが9速でもクランク周りがが11速使えればそこだけ変えたいとは思ってるんですけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。