どしろうとのチャリンコ 岩槻からサイクリング

埼玉県・東岩槻界隈を舞台とした自転車の話題中心のド素人日記です。

DAHON HORIZEを9速化。

2017年05月03日 | チャリンコ

昨年12月初旬に購入したダホンの折りたたみチャリ、ホライズですが、5ヶ月ほど経って走行距離も1000km越えて、ヤビツや越生など坂道方面もそこそこ走ったので、そろそろカスタマイズの季節かな、とか。

と言っても、グリップシフトからラピッドになどのハンドル周り(ハンドル自体も)、先日にブレーキとサドルも交換してます。初っ端にペダルも三ヶ島に変えていたり。

なので、今回はいよいよ駆動系を変更。しかし、新たにパーツを購入するわけではなく、他チャリで使ったものの現在生き場がなくなっていた9速XTを流用。

もともとホライズは8速仕様なのでこれを9速にした所でって感じですけど、DEOREに満たないアルタスとかがXTになるだけでもなんとなく良い気がしないでもない……ヵ。

変えたのは、シフター、リアディレイラー、リアスプロケ、チェーン。このうちチェーンは新規購入。まあシマノのCN-HG53は一つ余ってたのですけど、折角の意欲的チャリなのでハイエンド系のチェーンにしたいところ。

しかしシマノの9速上位品であるCN-HG93は3千円近くする割に特に奢る的な品でもなさそうなので、ここはチョット冒険して他社製のものを検討、軽量とカラバリでKMCを買ってみることに。

久々のミッシングリンクで逆に戸惑いましたが、駆動系ともども特にトラブルはなく、いや、スプロケがやたら硬くハマっていて全く外れないという罠にハマりましたが。

で、交換後、近所ちょろっとテスト走行。まあ、シフトフィールはこれまでの8速とあまり変わりません。シャドーディレイラーになってシフトダウンが逆に重くなった気がしないでもない。

ただ、歯数が34Tまで伸びたので坂道で多少有利になったかな?重量も100gほど軽くなりましたしね。GWはまだ続くので坂道方面に行ってみたいところです。


作業いきなり、スプロケがびくともしない。思いっきり体重かけるも、ホイールとかハブとか工具とか壊れるんじゃ?というレベルで全く動かず。しかしネットで調べてみると上記画像のように工具2本の間にパイプを挟んで押し開ける手法が。これでなんとか外すことが出来ました。ちなみにパイプは最初手近にあった箒を使ったのですけど当然折れそうになったので余っていたハンドルを使いました。


新規購入のKMCチェーン。3000円から割引価格で。軽量で、なんかコーティングもドヤってる感じ。色はホライズに合わせてゴールドにしてみましたが……。


多少の軽量化。KMCの方はここから少し切ったので更に20gほど軽くなりましたし。


シフターはXTでも重量はほぼ変わらず。


スプロケはわずかに軽量化。といっても8速から9速に1枚増えてのことなわけでこれはさすがXTというところ。



最大の軽量化はリアディレイラー。シャドー化したのも大きい。折りたたみだしシャドーのほうが良さ気かな。


ゴールドチェーン。ちょっと微妙なコーデの気がしないでもない。まあそのうち慣れるでしょうけど。


リアは共にXTに。とはいえそこそこ使用してるので若干ボロいのはご容赦をってとこです。


で、ホライズ2017-9S、とでも。これで変えてないのはフレーム、ハンドルポスト、シートポスト、ホイール、タイヤ、クランクセット&BBというところ。ホイールはなかなか難しそうですけど、タイヤ周りは変えたいですね。店頭在庫があれば即購入してるとこですけど小径タイヤを豊富に在庫ってる店ってなさそう。

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DAHON HORIZEでヤビツ峠。 | トップ | 芝川サイクリング少し。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事