年寄りの冷や水

定年退職者が感じることを書き残す

新聞勧誘も就職活動???

2017-06-28 18:34:41 | Weblog

・この時期になると今年も大学生が「就活に協力してほしい」と新聞の勧誘に来た。「就活」にはいろいろあろうが、ちょっと気に係る。

・新聞勧誘に成果を上げることが「就活」の一つの評価になるとの事である。大学での「就活」等について話を聞きながら信用できそうだと思って昨年も数か月間の新規契約をした。その記録が大学か、企業か、先輩か、新聞販売店か、どこかにあって今年も来たものと思われる。もちろん去年来た大学生の「就活」の成果については今年の大学生にも分からないようだが。

・「そんな話に乗るとは馬鹿なやつだ」と友は言う。「本当に就活の大学生なのか」とか「夏休みのアルバイトだ」とか「新聞販売店の売り込み作戦だ」と言う。「毎月約四千円を捨てるようなものだ」とも言う。しかし、大学名、専攻、名前もはっきりと言い、学生生活や就活状況もはっきりと言う。そんな学生??の姿を見れば協力せざるを得ない。「全く甘い」と言われる。二種類の新聞を毎日読むほどの勉強家でもないのだが。「文句たれ爺も終わりか」まで言われる。

・ある宗教新聞の購読を依頼されることもある。短期間契約でも契約締結することが地域の学会で評価が上がるようだ。契約を解約して期間を置いて再度契約すると新規契約としてまたまた評価が上がるようだ。その人の儲け話ではないようだ。そんな話から大学生の「就活評価」もあるのかも??とも思える。

・どのように騙されても良いと思う。一か月約四千円である。新聞販売店の売り込み作戦であっても大学生の夏休みのアルバイト料は少しはあるはずである。暑いからとゴルフを一回休憩すると二か月分の新聞料金が補えるのだ。孫の将来の事を考えてお小遣いと思っても良いのだ。このように自分なりに納得しようとするのだが、考えれば考える程やはり少々気に係る。お金ではない。良心の問題である。気が弱くなった年寄りを騙してはいけないのだ。新しい振り込みサギまがいの新商売なのだろうか??。そんなものではないことを祈るものだ。

  ーーーーーーー頑張れ頑張れ年寄りさんーーーーーーーー頑張れ頑張れ年寄り三ーーーーーーー

ジャンル:
就職活動
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 枚方市の医療費削減施策??? | トップ | 管理者の災害対策責任とは??? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL