年寄りの冷や水

定年退職者が感じることを書き残す

大阪市市街地開発には"人"を大切に考えて欲しい。

2017-04-05 22:08:37 | 社会

・オリンピック、万博誘致で国内外の人達に大阪市を訪問してもらいたい。そのために大阪市街地の再開発も必要である。しかし、その時に"人"に大阪市を訪問してもらいたいのだから当然"人"の事を大切に考えてもらいたいものだ。

・今日、淀屋橋から御堂筋を南に散策(関節リュウマチのリハビリ活動)していた時の事だ。何時もと違って膝、足首の疼きがきついような感じであった。どこか腰を下ろして休憩する場所もない。御堂筋の歩道に座り込むのも恥ずかしいので、念のため御堂筋の一筋西側の道を御霊神社まで行けばふしだらでも石段にでも座らせてもらって休憩できるかと思って頑張ったものだ。しかし、どうにもならないようなので「〇✖興産」ビルの前の植木ブロックに腰かけたものだ。そして足をマッサージしているとビルの警備員の方が来られて「ここには座り込まないでください」とのことである。「リュウマチなので」と言っても「ここは座ってはいけない場所です」とのことである。もちろん植木のブロックは歩道のビル側なので侵入となるのものだ。私が座り込んでマッサージしながら行儀悪く、マナー悪くタバコを吸おうとしていたからかも知れない。また、歩き出したが、やはり、しんどい一時であった。

・南に行って平野町の「ガスビル」まで行ってみると違っていた。雨のかからない屋根の下に木製の長椅子があり、本を読んでいる人もいた。三台、四台の椅子で囲んだ丸テーブルも数台あった。これならばゆっくりと休憩も出来るし、赤ちゃんの着替えも出来るし、テーブルに腰かけて打合せも出来るし、周囲の夜景や景観をゆっくりと楽しむことも出来る。さすが「ガスビル」だと思ったものだ。

・御堂筋周辺の再開発の話も多々ある。しかし、高いビルが出来て、ホテル、商店街、住宅も使用するとかだけでは国内外からの人達がゆっくりと訪問してくれるだろうか。リピーターとして再度訪問してくれるだろうか。友人に良いところとの口コミが流れてまた新しい訪問者が出来るだろうか。今の御堂筋を歩いてみても、どうもそんな美しい場所もありそうになく、それらをゆっくりと休憩しながら時間をかけて見渡しが出来る場所もないように思われる。

・"人"に訪問してもらうのだ。"人"喜んで貰いたいのだ。"人"に愛されたいのだ。それだからやはりもっともっと"人"中心の検討、計画に重点を置くべきと思うものだ。

    ーーーーーーーーー頑張ろう大阪ーーーーーーーーー頑張ろう大阪ーーーーーーー
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相撲はモンゴル、女子ゴルフ... | トップ | 高齢者のための福祉事業に境... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL