経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

三笠宮さま「御舟入」の儀式 皇室関係者ら別れ告げる

2016年10月29日 00時00分09秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H9J_Y6A021C1CR8000/?dg=1

三笠宮さま「御舟入」の儀式
皇室関係者ら別れ告げる
2016/10/28 19:31 (2016/10/28 20:15更新)

 亡くなられた三笠宮崇仁さまの納棺にあたる「御舟入」の儀式が28日夕、赤坂御用地(東京・元赤坂)内にある三笠宮邸で営まれた。喪主で妻の百合子さまをはじめ、孫の彬子さまら皇族方や親族が参列。儀式後、皇太子、秋篠宮両ご夫妻らが加わり、ご遺体と対面して別れを告げる「拝訣(はいけつ)」が行われた。

弔問を終え、三笠宮邸を出られる天皇、皇后両陛下(28日午後、東京・元赤坂)

 これに先立ち、天皇、皇后両陛下は前日に引き続き宮邸を弔問された。三笠宮さまは昭和天皇の末弟で、天皇陛下の叔父にあたる。

 宮内庁幹部によると、百合子さまはひつぎのそばで、両陛下や皇族らの訪問者一人ひとりを出迎えられたという。

 三笠宮さまの逝去に伴う葬送の儀式は28日から断続的に行われ、本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日に皇室墓所の豊島岡墓地(東京・文京)で営まれる。両陛下は皇室の慣例で一連の儀式には参列されない。

 宮内庁は28日から一般向けの弔問記帳を宮邸前で受け付けており、同日の記帳者は1030人だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドゥテルテ大統領、神のお告... | トップ | 【モニター募集】鳥取県産100... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。