経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

新船頭・小池氏、東京の行方は 激動2016 豊洲移転・五輪会場…都政改革、既定路線にもメス

2016年12月31日 18時06分34秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11234060Z21C16A2M12400/

新船頭・小池氏、東京の行方は 激動2016
豊洲移転・五輪会場…都政改革、既定路線にもメス
2016/12/31 2:00日本経済新聞 電子版

2016年は1年前には想像もしていなかったニュースの連発だった。過去の経験や世論調査で固められたメインシナリオは一瞬で崩れ、小さな可能性とみていたことが新たな常識になった。各分野の担当記者が歴史的な出来事を振り返るとともに、17年の気になるテーマを展望してみた。

 「都民ファーストで都政を大改革する」。女性初の東京都知事に就任した小池百合子氏(64)は、豊洲市場(江東区)の移転延期問題や東京五輪の競技会場見直し問題などの重要課題にトップダウン方式で次々と切り込んだ。その一方で蚊帳の外に置かれた都議会最大会派の自民党との対立は深まっている。「小池新党」の行方も注目されるなか、来夏の都議選は都政の主導権を争う天王山になりそうだ。

 前知事の舛添要一氏の辞職に伴う7月末の都知事選。「崖から飛び降りる覚悟で挑戦したい」。小池氏は所属する自民党の反対を押し切り出馬表明した。「向こうは組織。私はたった1人」。別の候補を担いで組織戦を展開した自民党との対決の構図を演出し、291万票を得て大勝した。

 「見たことのない都政を進める」との公約通り、小池都政は異例ずくめだった。情報公開を徹底し、都顧問として経営コンサルタントや学者、弁護士らを集めた「都政改革本部」を都政運営の柱にした。「知事―都議会―都官僚」の3者の調整で進める、それまでの都政運営のプロセスを根底から覆した。

 既定路線の大規模事業でも不透明な部分があれば「待った」をかけた。最も衝撃を与えたのは、築地市場(中央区)の豊洲市場への移転延期だった。

 総事業費約5800億円を投じたビッグプロジェクト。移転約2カ月前の8月末、小池氏は「土壌の安全性に懸念がある」と移転延期を決断した。都議会や市場関係者は猛反発したが、都が豊洲市場の施設の下に土壌汚染対策の「盛り土」をしていなかった事実が発覚し、都民の多くは小池氏の決断を支持した。

 「負のレガシー(遺産)を都民に負わせるわけにはいかない」。東京五輪の競技会場見直し問題では、経費を削減するため、新設する3会場について既存施設の活用で建設中止の可能性を探った。

 空気が一変したのは10月の国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日だった。バッハ会長は「選ばれた後にルールを変えないことが利益にかなう」とくぎを刺した。国際競技団体も会場変更に反対し、最終的には当初案通り、3会場の新設で決着した。小池氏にとっては「挫折」となったが、小池氏の計画見直しで、3会場の整備費は当初案から計400億円超も削減された。

 一連の小池氏の決断は「根回し」なく行われた。小池氏が予算編成過程での都議会の「復活要望枠」の廃止を表明すると、自民党は対立姿勢を鮮明に。両者の対立は都議選に向けてエスカレートするとみられる。

■来年は… 自民と対立激化、都議選で決戦

 2017年の最大の焦点は夏に行われる都議選だ。現在、都議会(定数127人)の最大会派は自民党。前知事の舛添要一氏までは公明党とともに、知事与党として議会の主導権を握った。

 自民党は当初、小池氏の圧勝と都民の高い支持率を背景に融和路線も模索したが、最近は対立色を強めている。一方で公明党は小池氏と連携する方針に転換した。ただ自公の党本部は小池氏との距離を測りかね、いずれも様子見の構えだ。

 小池氏にとって政策を進めるうえで最大の壁は都議会だ。このため、来夏の都議選に自らの政治塾「希望の塾」から候補者を擁立する意向を繰り返し表明。05年郵政選挙の際に小池氏自ら「刺客」となって戦ったように、自民党幹部の選挙区に対立候補を立てるとの観測が広がっている。

 豊洲市場の移転時期は早くても17年冬から18年春とみられている。ただ、小池氏は移転するかしないかを明言しておらず、地下水のモニタリング調査などを踏まえ、17年夏にも決断するとしている。移転までの期間が長くなれば、経営体力の弱い水産仲卸が廃業したり、市場業者への補償金が多額に膨らんだりする恐れもある。

 東京五輪は競技会場の見直し問題が一段落した。開催費用を国、都、大会組織委員会、開催自治体との間でどう分担するかが今後の焦点となる。(岩村高信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米英の「まさか」、世界を揺... | トップ | 最新iPhone、1割減産... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。