経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.09.19(火) 本日の注目指標★☆ アジア株はFOMCを前に軒並み下げていますが! 更新

2017年09月20日 00時42分16秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…

マチス米国防長官
・北朝鮮に対する軍事的オプションはある。
・ただし、それはソウルを大惨事のリスクにさらさない。
・その軍事オプションの詳細には言及しない。
・先週、米日が北朝鮮のミサイルを打ち落とさなかったのは直接の脅威がないと判断したため。

ホワイトハウス
・トランプ大統領と、中国の習近平国家主席が電話会談
・北朝鮮が続ける国際社会への反逆や、北東アジアの安定を揺るがす言動を協議した
・国連安保理決議の強力な履行を通じて
・北朝鮮への圧力を最大化することにコミット

ライトハイザーUSTR代表
・中国の貿易に対する姿勢は世界への脅威。
・WTOでは中国の前例のない脅威に対応でない。
・トランプ大統領のもと我々は貿易政策を変更する。

カーニー英中銀総裁
・余剰生産能力が従来の見通しよりもより急速に縮小。
・この先数ヵ月以内に利上げは必要となる可能性。
・利上げは限定的で、緩やかなものになる。
・英EU離脱はポンド安を通じてインフレを押し上げた。
・先行きの見通しには相当程度のリスクが依然としてある。
・英経済は2018年の中盤まではG7の平均以下の可能性。

レーン・カナダ中銀副総裁
・カナダドル高の影響を注意深く監視。
・利上げ実施ノ背景は輸出と設備投資が強まったこと
・目先の経済のリスクとしてはNAFTAの協議が重要視。


・NY市場は、主要な米経済指標の発表ない、先週後半のリスク選好的な雰囲気
・米株や、米国債利回りが上昇
・ドル買いの動き

・今週は、FOMCが予定され
・FOMCメンバーは年内の利上げ期待を残し、ドルをサポートする内容になるのではとの見方

・ドル円は、NY時間に入って再び上値追い

・ハリケーンや、北朝鮮問題のリスクを無難に乗り越え、市場はリスク許容度を上げる
・先週は、ドル高というよりも、円安の動き

・今週はFOMCや、日銀決定会合といった重要イベントを控え
・積極的には手掛けにくい面も

・ユーロドルは、戻り売り
・金利面からの買いというよりも、投機筋や株式のヘッジに絡んだ買いとの指摘

・ポンドの利益確定売り
・カーニー英中銀総裁が、ワシントンで講演
・先週の、英中銀金融政策委員会(MPC)時に示した「利上げは必要となる可能性」には言及
・「利上げは緩やかなものになる。先行きの見通しには相当程度のリスクも依然としてある」
・慎重な姿勢

・先週の、英中銀金融政策委員会(MPC)以降
・3%超急ピッチに上昇
・2009年以来高値水準
・短期的には過熱感

・利益確定売りの範囲
・11月の年内最後のMPCでの利上げを織り込みつつある
・なかには来年の5月利上げも見込む動き


【恐怖指数】警戒感は低下
・VIXスポット(NY時間:16:14)
・スポット  10.15(-0.02 -0.20%)






本日の経済指標は、アジア株はFOMCを前に軒並み下げていますが! 
日本株だけが、解散風で急騰!
欧米時間は、FOMC発表を前に動きにくい展開になる可能性が高いと思います!


麻生財務相は、閣議後に会見
・衆議院の解散が報じられていることなどに関して、
・解散の所見については(国連総会に出席している安倍首相が)帰国後に聞かれてはどうかと発言。
・解散で19年10月に予定される消費増税の財源使い道について使途変更を問うとの観測については、財政健全化は保たれないといけない

豪中銀は9日の金融政策理事会の議事録を公表
・雇用関しては、堅調な成長の持続が見込まれる。
・今年に入ってからの豪ドル高傾向については、主に米ドル安を反映したもの。
・最近の国内統計は成長率の漸進的な加速と合致している。

国連での一般討議演説に望む、トランプ大統領
・米政府高官が、記者団に対して演説について発言
・大統領は、北朝鮮とイランを主要な脅威と名指し
・ベネズエラ問題や、テロリズムについても言及

二階自民党幹事長
・本日の役員連絡会において、国連会合に出席中の安倍首相から、衆院の早期解散を検討していることについて連絡を受けた
・今月下旬に召集される臨時国会冒頭などで早期の衆院解散に踏み切る
・10月の後半に投開票

米紙ウォールストリートジャーナル
・米共和党が1.5兆ドルの減税を検討
・トランプ大統領が目指す減税に関して、税制改革の大枠が大統領と共和党によって今月最終週に示される

本日14時56分時点の日経平均は20320.78円
・6月20日につけた年初来高値を更新

17:00↑↑ユーロ圏経常収支(7月)
 結果251億ユーロ 前回228億ユーロ(212億ユーロから修正 季調済)
 結果325億ユーロ 前回298億ユーロ(281億ユーロから修正 季調前)

日銀
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITも購入せず
・設備人材投資企業支援のETFを12億円購入

フジテレビ 
・安倍首相が25日に記者会見で解散表明へ

フィッチ 
・シンガポール格付けAAAに維持、見通し安定的

18:00↑↑ドイツZEW景況感指数(9月)結果17.0 予想12.0 前回10.0

アジア株は、総じて下落
・米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、各市場ともにポジション調整の動き
・多くの市場で値動きは小幅

ロイター通信
・ECB関係筋は、10月ECB理事会ではQEプログラムの具体的な終了時期設定については合意せず

21:30↑↑↓↑米国輸入物価指数(8月)
 結果0.6% 予想0.4% 前回-0.1%(0.1%から修正 前月比)
 結果2.1% 予想2.2% 前回1.2%(1.5%から修正 前年比)

21:30↓↓米国経常収支(第2四半期)結果-1231億ドル 予想-1105億ドル 前回-1135億ドル(-1168億ドルから修正)

21:30↑↓米国住宅着工件数(8月)結果118.0万件 予想117.4万件 前回119.0万件(115.5万件から修正)

21:30↑↑米国住宅建設許可件数(8月)結果130.0万件 予想122.0万件 前回123.0万件(122.3万件から修正)

21:30↓↓カナダ製造業売上高(7月)結果-2.6% 予想-1.9% 前回-1.9%(-1.8%から修正 季調前・前月比)

米CNBCテレビ
・ソフトバンク傘下のスプリントと、TモバイルUSが合併について活発に交渉
・これまでも合併に関して協議を繰り返して来たが、進展が見られているのかも

22:00!国連総会、一般討論演説(トランプ米大統領初出席)

トランプ大統領
・北朝鮮は邪悪な政権。
・米国は軍事行動の用意、意志、能力がある。
・北朝鮮に軍事行動を取る必要がないことを望む。
・制裁に賛同した中国とロシアに謝意を表明。
・北朝鮮に対しもっと多くの措置必要。

※FOMC開催(20日まで)


米主要企業決算:
・05:05 アドビ
・05:15 フェデックス

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英米ではTシャツ嗅ぎ相手探し... | トップ | 財政黒字化目標先送り 消費... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

投資ノウハウ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。