経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.07.27(木) 本日の注目指標★☆… FOMCを失望感的ドル安で通過し! 更新

2017年07月28日 08時03分54秒 | 投資ノウハウ


先ずは昨晩のNY…

FOMC声明
・バランスシート縮小は比較的近い時期に開始。
・インフレは総合、コアとも鈍化し、2%下回る水準で推移
・雇用は堅調。失業率は低下。
・インフレは短期的に2%を幾分下回る水準で推移を再表明。
・個人消費や設備投資は拡大。
・インフレの動向を注意深く見るを再表明。
・経済は緩やかな利上げを正当化。
・投票は全会一致。

米5年債入札結果
・最高落札利回り 1.884%(WI:1.892%)
・応札倍率    2.58倍(前回2.33倍)

ムニューシン米財務長官
・現在の債務上限でも9月一杯までは政府の運営を担保できる。
・債務上限をそのままにしておくことはコスト。
・債務上限に対する不確実性は市場に負担。
・成長が脆弱であれば経済を担保し続けることはできない。
・財政均衡は非常に重要。

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
・ユーロ圏の景気は改善したが、インフレは抑制。
・ECBはデフレリスクを考慮した政策を見直さなければならない。
・マイナス金利の歪みはリスク。
・量的緩和終了の技術的な側面を協議する必要。

北朝鮮、ICBM発射の可能性
・FOXテレビによると、北朝鮮は早ければ米国時間の26日にもICBM発射の可能性があると伝えている。

ブラジル中銀政策金利 結果9.25% 予想9.25% 現行10.25%


・NY市場は、FOMCを通過し、ドル売り強まる!
・政策自体は大方の予想通り据え置き
・声明での現状認識のインフレの表現が若干変更された

・6月のFOMCでのインフレの現状認識、「直近、インフレは鈍化し、コア指数は2%を幾分下回る水準で推移」との表現
・今回はこれを、「総合指数、コアともインフレは鈍化し、2%を下回る水準で推移」に変更

・概ね変化はない
・「幾分」が削除
・表現をハト派な方向に修正した印象
・市場では変更無しとも見られていた
・サプライズだったのかも?!

・バランスシート縮小について
・前回に引続き、比較的近い時期に開始と言及
・9月の可能性は高い!

・ドル円は朝方は買いが優勢
・FOMCを受けて一気に戻り売り

・ユーロドルはストップを巻き込んで上昇
・2015年8月以来の高値水準に再び上昇!

・ECBの出口戦略
・市場も若干ハト派になっている雰囲気
・資産購入拡大ペースの縮小の具体策の表明
・当初9月と見られていた
・10月との見方
・年末との慎重な見方も
・資産購入拡大ペースの縮小と同時に年内一杯としている期限
・具体的な終了期限を示さず延長するのではとの見方
・ECB理事会が慎重になっている印象が強かった


米上院は26日、2年猶予付きのオバマケア撤廃法案を反対多数で否決
・採決は賛成45、反対55
・7人の共和党議員が造反
・米上院共和党は、マコネル上院共和院内総務が提案したオバマケア代替案を可決することができなかった
・まずはオバマケアを撤廃するだけの法案を夏休みの休会を返上
・今週中に可決しようとしている!

米4-6月期企業決算 フェイスブック↑、ギリアド↑

【恐怖指数】警戒感は上昇
・VIXスポット(NY時間:16:14)
・スポット  9.60(+0.17 +1.80%)






本日の経済指標は、FOMCを失望感的ドル安で通過し! 
本日は、NY時間の要人発言や米指標も、若干、気にはなりますが、材料的に、明日の米GDPの方がマーケットは反応しやすいと思います!
但し、株価に対しては、米の好決算の反応はあると思います!

08:00→↓→↓韓国経済指標【GDP】速報値(第2四半期)
 結果0.6% 予想0.6% 前回1.1%(前期比)
 結果2.7% 予想2.7% 前回2.9%(前年比)

08:50↑↑日本財務省が発表した対外・対内証券投資の状況(7月16日~7月22日)
対外証券投資
 株式    2058億円の買い越し
 中長期債  11786億円の買い越し
 短期証券  553億円の買い越し
 合計    14397億円の買い越し
対内証券投資
 株式     2924億円の買い越し
 中長期債   1577億円の売り越し
 短期証券   8385億円の買い越し
 合計     9732億円の買い越し

12:45・2年国債入札(2兆2000億円)

15:00↑↑ドイツGFK消費者信頼感(8月)結果10.8 予想10.6 前回10.6

民進党の蓮舫代表
・午後3時からの記者会見で代表の辞任を正式に表明
・代表選を近く実施する見込み

6月ユーロ圏M3
・前年比+5.0%と前回から変わらず

17:30↓↓香港貿易収支(6月)結果-483億香港ドル 予想-429億香港ドル 前回-356億香港ドル

日銀 
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITも購入せず
・設備・人材投資企業支援のETFを12億円購入

18:30↓↓↓↓南アフリカ生産者物価指数(6月)
 結果-0.3% 予想0.1% 前回0.5%(前月比)
 結果4.0% 予想4.4% 前回4.8%(前年比)

NHK
・稲田防衛相、辞任の意向固める

20:00→→トルコ中銀政策金利 結果8.00% 予想8.00% 現行8.00%

21:30↑↑米国卸売在庫・速報値(6月)結果0.6% 予想0.3% 前回0.4%(前月比)

21:30↑↑↓↓米国耐久財受注・速報値(6月)
 結果6.5% 予想3.9% 前回-0.1%(-0.8%から修正 前月比)
 結果0.2% 予想0.4% 前回0.6%(0.3%から修正 輸送除くコア・前月比)

21:30↓↓米国新規失業保険申請件数(22日までの週)結果24.4万件 予想24.0万件 前回23.4万件(23.3万件から修正)

IMFが米国の年次経済調査を公表・米国の労働市場は完全雇用の状態。
・その中で賃金上昇は緩慢。
・景気の勢いは一時的に鈍化も、その後は上昇に向かった。
・インフレ(PCE)は向こう1年から1年半で2%超に上昇。

プーチン大統領(米下院による対ロシア制裁法案可決で)
・米法の最終的な内容に応じて対応。
・いずれかの時点で米制裁に対応する必要。
・ロシアへの無礼な姿勢は永遠に許容できない。
・ロシアはトランプ氏を大統領として評価する立場にない。

英国の金融規制当局である金融行動監視機構(FCA)のベイリー長官
・英LIBORを、2021年までに廃止する方針
・LIBORに関しては複数の大手銀が共謀して不正操作を行う事件が発生
・廃止後は、より信頼性の高い基準金利に移行する予定

ムニューシン米財務長官の議会証言
・インフラ整備計画を近くまとめる。
・年後半にも支出を検討したい。

02:00・米7年債入札(280億ドル)

☆クオールズ次期FRB副議長、指名承認公聴会


米主要企業決算:
取引開始前 コムキャスト↑、バレロ・エナジー
 19:45 ダウ・ケミカル↑
 20:00 ツイッター↑、P&G↑
 20:30 ベライゾン→・コミュニケーションズ
 21:00 マスターカード
取引終了後 エレクトロニック・アーツ
 05:00 インテル
 05:01 アマゾン・ドット・コム
 05:04 スターバックス


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【経済と日本株】民進・小西... | トップ | NYの視点:米Q2GDPに成長加速... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。