kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

サイバー攻撃 核融合研究、情報流出か 富山大

2016年10月11日 14時29分01秒 | 市場動向チェックメモ
http://mainichi.jp/articles/20161011/k00/00e/040/087000c?fm=mnm

サイバー攻撃
核融合研究、情報流出か 富山大

毎日新聞2016年10月11日 10時44分(最終更新 10月11日 11時01分)

 富山大の「水素同位体科学研究センター」(富山市)がサイバー攻撃を受け、研究者のパソコンから福島第1原発で発生した汚染水の除去方法などの研究成果や、共同研究者ら1492人分の個人情報が流出した恐れがあることが、同大学への取材で分かった。センターは核融合炉の燃料になるトリチウムの研究で知られるが「成果は公表済みで機密性の高い研究情報はなかった」と説明している。

 同大学によると、2015年11月、研究者2人のパソコンが攻撃を受けた。トリチウム理工学専門の非常勤研究者が、知り合いを装って送られてきたメールの添付ファイルを開いてウイルスに感染。今年6月まで、遠隔操作で1000件以上の圧縮ファイルが作成され、大量の通信が計4回繰り返された。外部機関の通報で発覚した。

 調査した結果、このパソコン内の5万9318件のファイルのほとんどが流出したとみられることが判明。うち1万7612件はアプリケーションが古いなどの理由で、内容を確認できていないという。同大学は流出が判明した6月に文部科学省と富山県警に報告したが、関連機関には今月7日まで連絡しなかった。阿部孝之センター長は「情報を精査するのに時間がかかった」と釈明した。

 同センターは、自然科学研究機構核融合科学研究所(岐阜県土岐市)などと共同研究している。【古川宗】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【経済と日本株】共産・小池... | トップ | 衆院補選で小池氏とタッグ 二... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。