経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.03.30(木) 本日の注目指標★☆… ドル高が復活しつつあるので、欧米時間の重要指標や要人発言が、何らかのトリガーになる可能性は十分考えられます! 更新

2017年03月30日 23時15分46秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…
 
メルケル独首相
・今日は悲しい日となった
・メイ首相は私に公平で建設的な話し合いを探ると伝えてくれた。

ユンケル欧州委員長
・英国はブレグジットを後悔する

英政府
・EUと金融や通信を含めた自由貿易協定の締結を目指す。

エバンス・シカゴ連銀総裁
・FRB理事の空席について、トランプ大統領が良い人を選んでくれることを期待する。
・FRBのバランスシートについて、方策についてFRBは今後明らかにしていく。
・ターゲットの2%を少しだけ超えたとしてもOK
・大切なことはターゲットへ確実に向かうこと
・FOMCは2%目標を果たすべき
・世界経済は改善している。

ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁
・2017年中に3回を超える利上げはルールに外れていない。
・上方へのリスクを考えると4回は可能。
・失業率は年末までに4.5%程度で底打ち。
・景気の過熱から米経済をコントロールすることはFRBの責務。
・金融政策の景気引き上げ効果は現状では限定的。

ローゼングレン・ボストン連銀総裁
・金融政策について、今年4回の利上げはFRBの示している緩やかな軌道と合致している。
・景気の過剰な熱さを作らないことが大事。
・利上げに長期金利が反応しないと驚く。
・金利動向(イールドカーブ)には注意している。
・財政政策が見通しを不透明に。
・一部の資産市場はやや割高
・年4回の利上げは前回の引き締め時よりも漸進的、米経済は耐えうる
・インフレターゲットはターゲットであって天井ではない
 
 
・NY市場は、ドル円は安値から値を戻し111円台を回復
・ユーロは売り優勢で1.07中盤へ下落
・メイ英首相がトゥスクEU大統領に対してEU離脱の通知を正式に通知した
・ブレグジット問題で、ドル売り円買い
・米債利回りが低下

・EIA週間在庫統計で原油在庫が増え、NY原油が急騰
・エネルギー関連株は上昇
・ドル円も買い戻し

・ユーロの売りが顕著
・ブレグジット正式スタートを受け、ユーロポンドも含めユーロ売り
・ECBが緩和姿勢を継続するとの思惑も
・ポンドは、対ユーロで買われた
 
 
 
 

 
本日の経済指標は、ドル高が復活しつつあるので、欧米時間の重要指標や要人発言が、何らかのトリガーになる可能性は十分考えられます!
 
08:50↓↓日本財務省が発表した対外・対内証券投資の状況(3月19日~3月25日)
対外証券投資
 株式    2940億円の売り越し
 中長期債  1516億円の売り越し
 短期証券  190億円の売り越し
 合計    4647億円の売り越し
対内証券投資
 株式     7543億円の売り越し
 中長期債   19237億円の売り越し
 短期証券   15407億円の売り越し
 合計     42186億円の売り越し
 
12:45・日本2年国債入札(2兆2000億円)
 
16:00↑↑スイスKOF先行指数(3月)結果107.6 予想105.8 前回106.9(107.2から修正)
 
日銀 
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITを購入せず
・設備・人材投資企業支援のETFを12億円購入
 
ECBメンバーのリッカネン・フィンランド中銀総裁 
・ECBはフォワードガイダンスへのコミットを堅持するべき
 
17:30↓↓↓↓香港小売売上高(2月)
 結果-5.7% 予想-0.6% 前回-1.0%(-0.9%から修正価額ベース・前年比)
 結果-6.1% 予想-1.1% 前回-1.4%(数量ベース・前年比)
 
18:00→→ユーロ圏消費者信頼感・確報値(3月)結果-5.0 予想-5.0 前回-5.0
 
18:00↓→ユーロ圏業況判断指数(3月)結果0.82 予想0.87 前回0.82
 
18:30↑↑→↓南アフリカ生産者物価指数(2月)
 結果0.6% 予想0.5% 前回0.4%(前月比)
 結果5.6% 予想5.6% 前回5.9%(前年比)
 
プラートECB理事
・インフレの進展について充分な信頼感は得られていない
・回復も、まだ耐久財の価格上昇にはつながっていない
 
ノボトニー・オーストリア中銀総裁がECBの政策の成果について発言。
・債券利回りの過去最低水準での推移は、金融政策が機能していること示す
・企業向けの与信や消費者信用の拡大はECBの金融政策の成果
・時期尚早な利上げという失敗は望まない
 
21:00↓↓↓↓ドイツ消費者物価指数・速報値(3月)
 結果0.2% 予想0.4% 前回0.6%(前月比)
 結果1.6% 予想1.8% 前回2.2%(前年比)
 
21:00↓↓↓↓ドイツ調和消費者物価指数・速報値(3月)
 結果0.1% 予想0.5% 前回0.7%(前月比)
 結果1.5% 予想1.9% 前回2.2%(前年比)
 
21:00↓↓ブラジル小売売上高(1月)結果-7.0% 予想-4.3% 前回-4.9%(前年比)
 
21:30↑↓カナダ原材料価格指数(2月)結果1.2% 予想0.9% 前回1.7%(前月比)
 
21:30↓↓カナダ鉱工業製品価格(2月)結果0.1% 予想0.4% 前回0.6%(0.4%から修正前月比)
 
21:30↑↑米国実質GDP・確報値(第4四半期)結果2.1% 予想2.0% 前回1.9%(前期比年率)
 
21:30↑↑米国GDPデフレータ・確報値(第4四半期)結果2.1% 予想2.0% 前回2.0%(前期比年率)
 
21:30↑↑米国個人消費・確報値(第4四半期)結果3.5% 予想3.0% 前回3.0%(前期比年率)
 
21:30↓↑米国新規失業保険申請件数(25日までの週)結果258千件 予想247千件 前回261千件
 
ドル買い反応
・第4四半期の米GDP確報値は上方修正
・個人消費も上方修正
・GDPデフレータも上方修正
・米債利回りと、ドルが上昇
・但し、大きな反応とはなっていない!
 
22:21→→南アフリカ中銀政策金利 結果7.00% 予想7.00% 現行7.00%
 
ドル円幾分反落
・トランプ米大統領が為替操作国を処罰する方法検討
・CNBCで述べた
 
22:45!メスター・クリーブランド連銀総裁、シカゴでのリマーク原稿が公表
・バランスシートの年内縮小開始を望むことを再表明。
・さらなる利上げが必要になるという見方を再表明。
・1年ほどでインフレ目標である2%を持続的に回復するとみている。
・来年に向けて経済成長率は2%を超えてくる。
 
00:00☆カプラン・ダラス連銀総裁、講演
 
05:30・ダドリーNY連銀総裁、講演
 
★トランプ米大統領はワシントンで30日、いくつかの税制改革案を提示する予定
 





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都議会閉会、豊洲移転持ち越... | トップ | お花見にオススメ★海の精 桜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

投資ノウハウ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。