経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

独首都でトラック突入、12人死亡 テロの可能性

2016年12月20日 22時13分23秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM20H31_Q6A221C1MM0000/

独首都でトラック突入、12人死亡 テロの可能性
2016/12/20 9:59 (2016/12/20 11:27更新)

 【ベルリン=赤川省吾】ドイツの首都ベルリン中心部で19日夜、大型トラックがクリスマス市に突っ込んだ。警察当局によると少なくとも12人が死亡、48人が負傷した。トラックを運転していた容疑者は逮捕されたが背後関係はわかっていない。独政府や警察はテロの可能性があるとみて背後関係を調べている。

ドイツの首都ベルリンで、クリスマス市にトラックが突っ込んだ現場(19日)=ロイター

 現場は戦災の悲惨さを伝えるため半壊状態で残された「カイザーウィルヘルム記念教会」に近く、観光名所のひとつ。この時期はクリスマス用の飾りなどを売る屋台が並び、事件発生時も多くの人でにぎわっていた。

 独メディアによると大型トラックがかなりのスピードで突っ込み、50~80メートルにわたって暴走。多くの屋台がなぎ倒された。トラックはポーランドの運送会社が所有していたとの情報がある。

 同乗者2人のうち、1人は死亡。残る1人は現場から逃走したものの、身柄を拘束された。デメジエール内相は公共放送ARDに対し「襲撃という言葉を使いたくないが、それをうかがわせる点が多い」と述べ、テロの可能性を示唆した。

 ドイツでは7月に南部ミュンヘンで銃乱射事件が起き9人が死亡した。またフランス南部ニースでは7月、花火見物客に大型トラックが突入し、86人が死亡する事件が起きた。事件後に過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 ドイツ首相府のザイベルト報道官は「亡くなった皆様には哀悼の意を表する」との声明を発表。フランス大統領府や欧州連合(EU)のトゥスク大統領らもドイツへの連帯感を表明した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メルケル首相、独トラック突... | トップ | スイスのイスラム教施設で銃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。