経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

天皇退位、有識者会議が最終報告 呼称「上皇」に

2017年04月21日 18時56分32秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H6S_R20C17A4000000/?dg=1&nf=1

天皇退位、有識者会議が最終報告 呼称「上皇」に
2017/4/21 18:49

 天皇陛下の退位に関する政府の有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)は21日、退位後の天皇の呼称を「上皇」とするなど退位の制度設計を柱とする最終報告をまとめた。天皇陛下の退位を一代限りで認める特例法案の制定を国会が提言したのが前提にある。現憲法に規定のない天皇退位が実現する。

有識者会議の今井座長(右)から最終報告を受け取る安倍首相(21日、首相官邸)

 安倍晋三首相は会議で「国家の基本の問題であると共に、長い歴史とこれからの未来にとって重い課題だ。退位を実現するための法案を速やかに国会に提出したい」と述べた。

 最終報告では、退位後の天皇や皇后の呼称や、皇太子さまの即位後に皇位継承順位1位となる秋篠宮さまの待遇を巡る制度設計に軸足を置いた。今後の課題では、皇族数の減少への対策について「速やかに検討することが必要だ」と指摘した。

 退位後の天皇の呼称を「上皇」、そのきさきを「上皇后」とし、敬称を「陛下」とする。上皇は皇位継承資格や摂政・臨時代行就任の資格などを有しないとも明記。「退位後の天皇と新天皇の間で、象徴や権威の二重性などの弊害を生じさせない」ためとした。天皇が象徴として行ってきた行為も基本的にすべて新天皇に移管される。

 秋篠宮さまは皇太子待遇とし、皇位継承順位1位の皇族を指す「皇嗣」を付け「皇嗣殿下」などと呼ぶ。活動予算も皇族費から定額の「3倍に相当する額」を支出する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セブンとセイノー、宅配で提... | トップ | 日本郵政の減損計上、2つの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。