kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

出光社長「創業家との協議時間を確保」 合併延期発表

2016年10月13日 19時09分16秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HPV_T11C16A0000000/?nf=1

出光社長「創業家との協議時間を確保」 合併延期発表
2016/10/13 17:38

合併延期を発表する出光興産の月岡隆社長(右)と昭和シェル石油の亀岡剛社長(13日午後、東京・大手町)

 石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油は13日、2017年4月を予定していた合併を延期すると正式に発表した。出光株の33.92%を持つ創業家が合併に反対しており、臨時株主総会の承認を得られるめどが立っていない。同日の記者会見で出光の月岡隆社長は延期の理由を「創業家を筆頭に、各ステークホルダーとの十分な協議の時間を確保する必要があると判断した」と説明した。

 両社は15年7月に経営統合で合意し、同年11月には統合形態を合併に決めた。英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルが持つ昭シェル株35.1%のうち33.24%分を出光が買い取る。現在は公正取引委員会による企業結合審査が進行中だ。

 出光創業家は16年6月に開かれた同社の定時株主総会で合併反対を表明。7月には経営陣と話し合う場を持ったが平行線のまま終了し、膠着状態が続いている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出光社長「経営統合は確実に... | トップ | 出光興産社長、昭和シェルと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。