経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.07.10(月)~ 来週の注目指標★☆… 欧州・米国の金融系要人発言が重要視される可能性が高いと思います! 

2017年07月08日 10時13分00秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…
 
FRBが金融政策報告を議会に提出
・金利やバランスシート縮小開始に関する内容はない。
・直近の金融市場は良好。
・社債市場で流動性が低下しているとの証拠はさほど見られない。
・ノンバンクの負債は高まった。家計負債は抑制されている。
・商業不動産市場で信用ひっ迫の兆候が見られる。
・タームプレミアムの上昇は長期債の価格下落リスクを意味する。

今週の米国内の原油の掘削装置(リグ)稼動数
・先週から7基増加して763基

安倍首相はG20首脳会合で
・EUとの経済連携協定(EPA)が大枠合意に達したことで自由貿易の旗を高く掲げる強い意思を示すことができた

外務省の報道官
・安倍首相と習近平国家主席が明日会談する

米ロ首脳会談
・ティラーソン米国務長官の会見
・トランプ大統領は大統領選の干渉を持ち出したが、プーチン大統領は関与を否定した
・米ロとヨルダンがシリア南西部の停戦で合意した
・ラブロフ露外相によると9日正午に発効する
 
 
・NY市場は、米雇用統計を受けてドル円は114円台に一時上昇
・失業率は労働参加率の上昇もあって、1ポイント悪化
・非農業部門雇用者数(NFP)は予想を上回る内容

・最大注目の平均時給は、予想を下回った
・発表直後はドル売りが強まる
・売りが一巡するとドルの買戻し

・平均時給は前月比で0.2%上昇(予想0.3%上昇)、前年比では2.5%上昇(予想2.6%上昇)
・予想は下回ったが、FRBが正常化に向けたタカ派姿勢を後退させる程は弱くない!
・米株や米国債利回りも上昇
・全体的にはポジティブ
・ドルが買い戻される流れになるかは?

・原油は下落、米株は上昇

・ユーロドルは米雇用統計後に一時1.13ドル台に下落
・ユーロ円は、昨年2月以来の130円台を一時回復

・ポンド安が目立つ
・ポンドドルは1.28台に下落
・ポンド円も146円台へ下落

・英中銀金融政策委員会(MPC)以降、英中銀の利上げ期待が高まる
・ポンドは買いが強まっている
・足元の実体経済は脆弱
・英鉱工業生産は前月比で予想外の減少

・英国立経済研究所(NIESR)が発表した4-6月期のGDP予想は前期比で0.3%
・NIESRの予想と政府発表のGDPはそれほど違いはない
・4-6月期のGDPは、1-3月同様に0.2%~0.4%程度の低い成長見込み
 
 
【恐怖指数】警戒感は大きく低下
・VIXスポット(NY時間:16:14)
・スポット  11.19(-1.35 -10.77%)
 
 


来週の重要指標は、欧州・米国の金融系要人発言が重要視される可能性が高いと思います! 

10日(月)
・日本国際収支(5月)
☆黒田日銀総裁あいさつ要旨
・中国消費者物価指数(6月)
・中国生産者物価指数(6月)
★ユーロ圏財務相会合

11日(火)
☆ブレイナードFRB理事、講演
☆サンフランシスコ連銀総裁、講演
★EU財務相理事会

12日(水)
☆米地区連銀経済報告(ベージュブック)
☆カンザスシティー連銀総裁、講演
★イエレンFRB議長、下院金融委員会で証言
☆EIA週間石油統計

13日(木)
・中国貿易統計(6月)
☆米生産者物価指数(6月)
☆米新規失業保険申請件数(8日までの週)
☆シカゴ連銀総裁、講演
☆ブライナードFRB理事、講演
★イエレンFRB議長、上院銀行委員会で証言

14日(金)
☆米鉱工業生産(6月)
☆米小売売上高(6月)
☆米消費者物価指数(6月)
☆ダラス連銀総裁、講演



来週の米主要企業決算、シーズン始まる

11日(火)
・ペプシコ(1.402)

14日(金) 
・JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー*(1.597)
・ウェルズ・ファーゴ*(1.010)
・シティグループ*(1.224)









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.07.07(金) 本日の注目... | トップ | NYの視点:今週の注目:イエ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

投資ノウハウ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。