kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

中国、有人宇宙船打ち上げ成功 独自ステーションへ実績づくり

2016年10月17日 12時44分39秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H1M_X11C16A0EAF000/?dg=1&nf=1

中国、有人宇宙船打ち上げ成功 独自ステーションへ実績づくり
2016/10/17 9:52

 【北京=山田周平】中国政府は17日、有人宇宙船「神舟11号」を打ち上げ、予定の軌道に乗せることに成功した。9月に打ち上げた宇宙実験室「天宮2号」とドッキングし、2人の宇宙飛行士が約1カ月滞在して実験を行う。2020年ごろの運用開始を目指す中国独自の宇宙ステーション建設を控え、宇宙活動の実績を重ねる狙いだ。

打ち上げられる有人宇宙船「神舟11号」を搭載したロケット「長征2号F」(17日、中国・酒泉衛星発射センター)=新華社・共同

 神舟11号は17日午前7時30分(日本時間同午前8時30分)、酒泉衛星発射センター(内モンゴル自治区)から「長征2号F」ロケットで打ち上げられた。天宮2号とドッキングする高度400キロ近い軌道へと正常に飛行している。

 中国の有人宇宙飛行は今回が6回目で、有人のドッキングは3回目となる。神舟11号は2日以内に天宮2号とドッキングし、人民解放軍所属の飛行士2人が乗り移って実験に入る。

 飛行士2人は宇宙に33日間滞在し、地球に帰還する予定だ。33日間は「神舟10号」が13年6月に記録した15日間を上回り、中国の宇宙滞在としては過去最長になる。

 中国は18年ごろに独自の宇宙ステーションの建設に入り、20年ごろに運用を始める計画を持つ。神舟11号は飛行士や物資を安定して輸送する技術や、長期滞在が飛行士の健康に与える影響など、ステーション運営に欠かせないノウハウの蓄積を狙っている。

 中国の習近平指導部は30年に米ロと並ぶ「宇宙強国」となる構想を掲げ、国を挙げて宇宙開発を推進している。17日には、李克強首相が北京の宇宙施設で打ち上げを見守り、インド訪問中の習国家主席は「宇宙強国の建設に新たな貢献をしてほしい」と激励する祝電を寄せた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリア・ロシアに新たな経済... | トップ | 日銀総裁、新金融政策「必要... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。