経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.04.20(木) 本日の注目指標★☆… 欧米時間の要人発言とG20辺りが、マーケットの牽引役になりそうな雰囲気?! 

2017年04月21日 05時12分08秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…
 
米地区連銀報告(ベージュブック)
・米経済は3月末まで緩慢ないし緩やかに成長。
・雇用は適度に緩やかな改善も、まだ厳しい。
・製造業は緩やかなペースでの拡大続く。
・仕入れ価格は緩やかに上昇も、販売価格をしのぐ上昇。
・物価は適度に上昇している。
・自動車販売の強さと、その他の商品の弱さを指摘。
・低技術の仕事の労働者を探す雇用主の苦労が増した。

ローゼングレン・ボストン連銀総裁
・バランスシートは比較的早期の縮小開始もあり得る。
・バランスシートは極めてゆっくり縮小するべき。
・段階的な縮小は利上げ軌道の維持を助ける。
・金利を主要政策手段として使うのは理にかなう。

プラートECB専務理事(ベルギー)
・欧州の景気回復のモメンタムが上昇。
・景気は短期的に上振れリスク。
・長期的なリスクは均衡だが、やや下振れも。
・次回のECBの決定については事前に判断しない。
・世界経済は良好になっている。
・マイナス金利は逆効果は見られていない。
・労働市場の改革が機能している兆候。

ビルロワドガロー仏中銀総裁
・利回り格差拡大に対する防御にはユーロが最善。
・マイナス金利には限界がある。
・現在の政策が十分適切。
・現在のマクロ環境は変化を必要としていない。
・ユーロ離脱が現状の困難の解決策ではない。

英議会
・前日にメイ英首相が意向を示した解散総選挙の動議を可決した。
・6月8日に総選挙が実施される。
 
 
・NY市場は、後半に伸び悩んだもののドルの買い戻しが優勢
・ムニューシン米財務長官が、トランプ大統領のドル高けん制発言について、ドル相場を押し下げるための口先介入ではないと強調した。

・ドル買い戻しを支援したのが、米国債利回りの上昇
・前日までの下げで、10年債利回りは、11月の水準まで低下
・地政学リスクや、このところの弱い米経済指標で利上げ期待がやや後退
・利回りを押し下げている要因

・米10年債利回りは12月の米利上げ前の水準まで低下
・現時点では、米利上げがもう無いというシナリオまでは描きづらい
・やや行き過ぎ
・見直しの動きも出た

・ドル円は、一時109円台を回復
・IBMの決算が弱く、株式市場でダウ平均が下落した
・上値の重い動き
・午後
・原油の下げが加速
・WTIは一時50ドル台前半まで急落
・ダウ平均が下げ幅を拡大
・米国債利回りも伸び悩んだ
・ドル円も108円台に下落
・108-109円近辺の一進一退が続く

・ユーロドルは伸び悩む
・1.07台は堅持
・ECBの出口戦略に対する期待感
・ECB理事であるハンソン・エストニア中銀総裁の発言
・不安定なインフレの弱さを克服したと宣言するのは時期尚早
・将来のECB政策に関する協議を始めるのは時期尚早ではない
・賃金上昇やインフレ上昇にはまだ繋がってい
・良好な指標も多く出ている
・早晩、そうなるだろう

・ロンドン時間に3月のユーロ圏消費者物価(HICP)が発表
・総合指数で前年比1.5%、
・エネルギー・食品を除いたコア指数で前年比0.7%
・エネルギー価格の上昇で全体的に押し上げられている
・現状はまだ、インフレ期待の高まりを警戒に及ばない

・ポンドは前日の急伸から上げ一服
・ポンド円は一時140円台に上昇
・一時138円台まで下落
・英議会は、メイ英首相が前日に突然打ち出した6月8日の解散総選挙の動議を可決

・今回の総選挙が昨年の英国民投票以降のポンド安の流れの大転換になるとの見方
・今後始まるブレクジットの交渉において
・野党のみならず与党内からも異論が噴出する中
・選挙を経て、交渉の権限がメイ首相に集中することで
・安定した交渉が期待される
・ポンドにとっては大きなアドバンテージとの見方
 
 
 
 


本日の経済指標は、欧米時間の要人発言とG20辺りが、マーケットの牽引役になりそうな雰囲気?! 
 
07:45↑↑NZ消費者物価指数(第1四半期)結果1.0% 予想0.8% 前回0.4%(前期比)
 
08:50↑↓↑↓日本通関ベース貿易収支(3月)
 結果6147億円 予想6080億円 前回8135億円(8134億円から修正)
 結果1722億円 予想1720億円 前回6803億円(季調済)
 
08:50↓↑財務省が発表した対外・対内証券投資の状況(4月9日~4月15日)
対外証券投資
 株式    2317億円の売り越し
 中長期債  7962億円の売り越し
 短期証券   219億円の買い越し
 合計    10059億円の売り越し
対内証券投資
 株式    3152億円の買い越し
 中長期債  4105億円の買い越し
 短期証券  6319億円の売り越し
 合計     938億円の買い越し
 
12:45?日本20年国債入札(1兆円)
 
14:30↑日本全国百貨店売上高(3月)結果-0.9% 前回-1.7%(前年比)
 
15:00↓↓↓→ドイツ生産者物価指数(3月)
 結果0.0% 予想0.2% 前回0.2%(前月比)
 結果3.1% 予想3.2% 前回3.1%(前年比)
 
仏大統領選が23日に接近
・マクロン氏の支持が25%と、13時点から1ポイント上昇
・ルペン氏22%と、
・メランション氏19%は前回から変わらず
・フィヨン氏は19%と1ポイント低下
・ロンドン序盤はユーロが堅調に推移
 
メイ英首相
・6月8日の総選挙に向けたマニュフェスト
・EUからの移動の自由の破棄を盛り込む方針
・ハードブレグジットとなることが懸念される
・ポンドは幾分上昇傾向
 
日銀 
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITを購入せず
・設備・人材投資企業支援のETFを12億円購入

19:30?カーニー英中銀総裁、講演
 
インドネシア中銀 政策金利を4.75%に据え置き(予想通り)
 
カプラン・ダラス連銀総裁
・今年3回の利上げの基本的見解を堅持
・米10年債利回りは地政学リスクを反映する面も
・米金融当局には情勢を見極める時間の必要も
・今年後半から来年初めにバランスシート縮小を始める可能性
・バランスシート縮小は、少なくとも数ヶ月前には発表
 
21:00!パウエルFRB理事の講演
・金融規制のルールブックは複雑きわまる
・金融規制改革についての見直しではコアな部分は堅持する必要
・ぜい弱性の高い銀行システムには後戻りできず
・米国は全米規模で成長加速に的を絞る必要
 
21:30↓↓米国新規失業保険申請件数(15日までの週)結果244千件 予想240千件 前回234千件
 
21:30↓↓米国フィラデルフィア連銀景況指数(4月)結果22.0 予想25.5 前回32.8
 
23:00↑↓米国景気先行指数(3月)結果0.4% 予想0.2% 前回0.5%(0.6%から修正前月比)
 
23:00↑↑ユーロ圏消費者信頼感・速報値(4月)結果-3.6 予想-4.8 前回-5.0
 
黒田日銀総裁
・資産購入やマネタリーベース拡大ペースは当面現状維持。
・出口戦略を協議するのは時期尚早。
・インフレ見通しは安定した為替水準が前提。
・円の水準は各種要因が左右。地政学的リスクだけではない。
・出口戦略を協議するのは時期尚早。
・円上昇なら2%達成やや遅れ。
・下落なら早まる可能性も。
・日銀は日本国債の40%を保有しているが、それは60%は他が保有しているということ。
 
02:00?米5年物インフレ連動債入札(160億ドル)
 
トランプ大統領
・鉄鋼輸入の調査加速を命じる大統領令に署名
・大統領は米商務省は鉄鋼輸入の調査を最優先で取り組むであろうと述べた。
・鉄鋼産業の雇用を取り戻すとも語っている。
 
ムニューシン米財務長官
・税制改革に日夜取り組んでいる。
・減税に伴う歳入不足は成長で補う。
・所得税の税率区分は3~4段階を希望。
・まもなく税制改革案を公表する。
・年内には法案は成立するであろう。
・国境調整税の通貨への影響を懸念。
・一部の税率低下は控除削減で相殺。
・医療保険法案の有無にかかわらず税制改革はやり遂げる。
・インフラは大きな最優先課題。
 
コーンNEC委員長の発言が伝わっており、内容は以下の通り。
・我々の目標は変わっていない。雇用に焦点。
・ヘルスケア、税制改革、インフラに焦点をあてている。
・規制を確認するために多くの時間を割いている。
・ダイナミック・スコアリングが税の問題を解決する。
・一部の民間主導のインフラに理解。
・インフラには州や市との協力が必要。
・インフラの完成には数年を要する。
・天然ガスプラントをもっと許可して行くであろう。
・関税は無いことが好ましいが、公正な扱い望む。
・低価格のエネルギーを維持し促進する必要。
・法人税の税率引き下げに焦点を絞るべき。

*ダイナミック・スコアリング
 減税が成長を通じて税収に跳ね返ってくる効果の推計
 
パリで警官隊との銃撃戦が発生
・警官1人が死亡した
・警察は住民に対して、シャンゼリゼ通りに近づかないよう呼びかけている。
・警察は、銃撃はテロリストによるものだと述べた。
 
・トランプ米大統領・伊首相、会談
 
☆G20財務相・中銀総裁会議(ワシントン、21日まで)
 
米主要企業決算:ベライゾン↓、VISA、ブラックストーン














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【経済と日本株】民進・水戸... | トップ | TPP 米抜きでも変えず 政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。