経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.04.21(金) 本日の注目指標★☆… 欧州関連の重要指標と、NY時間の要人発言に注目が集まりそうな雰囲気です! 更新

2017年04月22日 00時58分00秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…
 
トランプ米大統領
・鉄鋼輸入の調査加速を命じる大統領令に署名
・米商務省は鉄鋼輸入の調査を最優先で取り組むであろう
・鉄鋼産業の雇用を取り戻す

黒田日銀総裁
・資産購入やマネタリーベース拡大ペースは当面現状維持。
・出口戦略を協議するのは時期尚早。
・インフレ見通しは安定した為替水準が前提。
・円の水準は各種要因が左右。地政学的リスクだけではない。
・出口戦略を協議するのは時期尚早。
・円上昇なら2%達成やや遅れ。
・下落なら早まる可能性も。
・日銀は日本国債の40%を保有しているが、それは60%は他が保有しているということ。

ムニューシン米財務長官
・税制改革に日夜取り組んでいる。
・減税に伴う歳入不足は成長で補う。
・所得税の税率区分は3~4段階を希望。
・まもなく税制改革案を公表する。
・年内には法案は成立するであろう。
・国境調整税の通貨への影響を懸念。
・医療保険法案の有無にかかわらず税制改革はやり遂げる。
・インフラは大きな最優先課題。

コーンNEC委員長
・我々の目標は変わっていない。雇用に焦点。
・ヘルスケア、税制改革、インフラに焦点をあてている。
・規制を確認するために多くの時間を割いている。
・ダイナミック・スコアリングが税の問題を解決する。
・一部の民間主導のインフラに理解。
・インフラには州や市との協力が必要。
・インフラの完成には数年を要する。
・天然ガスプラントをもっと許可して行くであろう。
・関税は無いことが好ましいが、公正な扱い望む。
・低価格のエネルギーを維持し促進する必要。
・法人税の税率引き下げに焦点を絞るべき。
(ダイナミック・スコアリング)
 減税が成長を通じて税収に跳ね返ってくる効果の推計

パリで銃撃戦
・パリで警官隊との銃撃戦が発生し、警官1人が死亡した。
・警察は住民に対して、シャンゼリゼ通りに近づかないよう呼びかけている。
・警察は、銃撃はテロリストによるものだと述べた。
 
 
・きょうのNY市場はドル買いが優勢
・米国債利回りが上昇
・米決算が好調で米株式市場も反発
・ドル買い戻し要因
・ドル円は109円台を回復
・G20財務相・中央銀行総裁会議でワシントンを訪問している黒田日銀総裁の発言
・ムニューシン米財務長官の発言も材料視

・黒田総裁は「出口戦略を協議するのは時期尚早で、資産購入やマネタリーベース拡大のペースは当面現状維持する」と述べた
・ムニューシン長官は「日夜、税制改革に取り組んでおりまもなく、改革案を公表する。年内までには法案は成立するだろう」と述べた

・ユーロドルは上に往って来い
・一時1.07台後半まで上昇
・1.07台前半に戻した

・ユーロ圏の指標は好調
・市場は年内にもECBは出口戦略に舵を切るとの見方
・日曜日に仏大統領選の1回目の投票が控えている
・世論調査ではマクロン氏が優勢
・EU離脱を主張する極右のルペン氏や極左のメランション氏が大統領になる可能性はまだ低い
・選挙は開いてみないとわからないが
・市場には安心感も

・ポンド円は140円台
・6月8日の解散総選挙が決まる
・ポンドは一気に買い戻し
・市場からは、昨年の国民投票以降のポンド安の大転換の可能性を指摘する声も
・メイ首相が総選挙で勝利し、ブレクジットの交渉の権限がメイ首相に集中する可能性
・安定した交渉が期待される
 
 
 
 


本日の経済指標は、欧州関連の重要指標と、NY時間の要人発言に注目が集まりそうな雰囲気です! 
 
トランプ大統領
・北朝鮮問題に関して非常に上手く行っている。
・習主席を大いに尊敬。
・習主席は懸命に取り組んだと確信。
・習主席に対して、もし北朝鮮に対処すれば、良い貿易条件を提示と述べた。
 
G20でワシントンに滞在中の麻生財務相は記者団に答えた
・世界の経済見通しは改善も、リスクを注視。
・従来のG20の声明内容を確認できた。
 
G20でワシントンを訪れている麻生財務相
・ムニューシン財務長官との日米財務相会合について
・「為替については財務相レベルで対応と確認。」
・「潜在成長率上昇のための日本の取り組みを説明」と発言
 
13:30↓↑日本第3次産業活動指数(2月)結果0.2% 予想0.3% 前回0.0%(前月比)
 
16:30↑↓ドイツ製造業PMMI・速報値(4月)結果58.2 予想58.0 前回58.3
 
16:30↓↓ドイツ非製造業PMI・速報値(4月)結果54.7 予想55.5 前回55.6
 
17:00↑↑ユーロ圏製造業PMI・速報値(4月)結果56.8 予想56.0 前回56.2
 
17:00↑↑ユーロ圏非製造業PMI・速報値(4月)結果56.2 予想56.0 前回56.0
 
17:00↑↑ユーロ圏経常収支(2月)
 結果279億ユーロ 前回31億ユーロ(25億ユーロから修正季調前)
 結果379億ユーロ 前回261億ユーロ(241億ユーロから修正季調済)
 
17:30→↑香港消費者物価指数(3月)結果0.5% 予想0.5% 前回-0.1%(前年比)
 
17:30↓↓香港失業率(3月)結果3.2% 予想3.3% 前回3.3%
 
17:30↓↓↓↓英国小売売上高(3月)
 結果-1.8% 予想-0.3% 前回1.7%(1.4%から修正前月比)
 結果1.7% 予想3.4% 前回3.7%(前年比)
 
日銀 
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITを12億円購入
・設備・人材投資企業支援のETFを12億円購入
 
21:30↓→↓↓カナダ消費者物価指数(3月)
 結果0.2% 予想0.4% 前回0.2%(前月比)
 結果1.6% 予想1.8% 前回2.0%(前年比)
 
在日フランス大使館
・今回の大統領選、第1回目の投票は現地時間で8時から18時まで(大都市では20時まで)となっている。
・正式な結果は憲法院が公表する。
・投票締め切りの最終時刻は日本時間24日午前3時となる。
・週明けの東京市場では、地域ごとに結果が発表されることが予想される。
 
22:30!カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁の発言
・次回の利上げは大局的には重要ではない。
・長期的に大切なのは財政政策。
 
23:00↑↑米国中古住宅販売件数(3月)結果5.71百万件 予想5.60百万件 前回5.47百万件(5.48百万件から修正)
 販売件数 571万件(前回 547万件年率換算)
 中間価格 23.64万ドル(22.82万ドル) 
 平均価格 27.85万ドル(26.96万ドル)
 在庫 3.8ヵ月分(3.8ヵ月分)
 
ドラギECB総裁の発言
・ユーロ圏の成長は回復している。
・ただ、下振れリスクが残る
・なお、大規模な緩和状態が必要。
・インフレ基調が上向きとの確信はない。
 
フィッシャーFRB副議長の発言
・今年の利上げ回数への見方変わらないとの認識を示した。
・向こう数回のFOMCでバランスシートについて決定。
・ドルは最近下落している。
・ドット・フランク法の部分的修正は大きな影響を持つ可能性。
 
この発言に為替市場はドル買いで反応
・108円台に値を落としていたドル円は109円台に戻した。
 
☆IMF・世銀、春季総会(ワシントン、23日まで)
 
・米主要企業決算:GE↑














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【経済と日本株】民進・玉木... | トップ | 2017.04.24(月)~ 来週の注... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。