kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

キリン、米社に2割超出資 クラフトビール強化

2016年10月12日 14時43分15秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08255270S6A011C1MM0000/?dg=1&nf=1

キリン、米社に2割超出資 クラフトビール強化
2016/10/12 14:00日本経済新聞 電子版

 キリンビールは米クラフトビール製造のブルックリン・ブルワリー(ニューヨーク州)と資本提携する。第三者割当増資を数十億円引き受け、出資比率2割超の持ち分法適用会社にする。両社は日本とブラジルでブルックリン社ブランドのビールを製造・販売することで合意しており、出資により関係を強固にする。

「ブルックリンラガー」はコクのある辛口の濃いビール=AP

 ブルックリン・ブルワリーは1988年の設立。年間生産量は約3万5000キロリットルと米国のクラフトビールで12位。主力製品の「ブルックリンラガー」は欧米文化人の間で人気が高い。

 両社は来年1月をめどに日本で合弁会社を設立。キリンの工場で「ブルックリンラガー」を生産するほか、ブルックリン社の他のブランドのビールを独占輸入する。キリンが醸造技術や製品開発などで支援する。

 ビール市場は世界各国で成熟期を迎え主要国で消費量が減少。小規模な醸造所で生産し、個性的な風味を持つクラフトビールが唯一拡大している分野だ。米国では約2割のシェアを占めている。

 キリンは14年に国内クラフト最大手で、「よなよなエール」を手掛けるヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)に出資し、同分野を強化してきた。ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブなど世界大手も相次ぎクラフトビールメーカーを傘下に収めている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英ポンド急反発 「EU強硬... | トップ | 中国、ガス田開発継続 東シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。