kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

小池都知事、宮城のボート場を視察 五輪会場案

2016年10月15日 20時13分18秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14HA3_V11C16A0CC0000/?dg=1

小池都知事、宮城のボート場を視察 五輪会場案
2016/10/15 13:26

 2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場を見直す案を巡り、東京都の小池百合子知事は15日午後、宮城県登米市の長沼ボート場を視察した。同県の村井嘉浩知事は「東日本大震災からの復興を世界に発信できる」として会場変更を要望しているが、国内外の競技団体は反対する意向を示しており、小池知事の判断が注目される。

地元住民の歓迎を受けて、長沼ボート場を視察する東京都の小池百合子知事(船上右端)=15日午後、宮城県登米市(代表撮影)

地元住民の歓迎を受けて、長沼ボート場を視察する東京都の小池百合子知事(船上右端)=15日午後、宮城県登米市(代表撮影)
 都の五輪調査チームはコスト削減のため、東京臨海部に整備するボート・カヌー会場「海の森水上競技場」など3施設について、代替施設の利用を含めた見直しを提言。同競技場の代替地として長沼ボート場を候補に挙げた。

 宮城県は東日本大震災の被災者向けの仮設住宅をリフォームし、選手らの宿泊施設に再利用する案も示している。「わかりやすいメッセージになる」と一定の評価をする小池知事は15日、登米市内の仮設住宅も訪問。今回の視察結果などを踏まえ、今月中にも会場変更の可否について結論を出す。

 長沼ボート場に変更する案を巡り、大会組織委員会は選手村分村のコストや宿泊施設の不足など9つの問題点を挙げ、否定的な見解を表明。国際ボート連盟や日本ボート協会も、東京からの距離や大会後にレガシー(遺産)を残すなどの理由から、計画通りに海の森水上競技場での開催を求めている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サウジ、米と関係悪化で日本... | トップ | ボート会場 小池氏発言が波... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。