経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

一芸はさみ・カッター12選 厚紙も金属もザクザク

2017年04月05日 22時43分15秒 | 市場動向チェックメモ
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO14757720R30C17A3000000?channel=DF260120166491&style=1&n_cid=DSTPCS020

一芸はさみ・カッター12選 厚紙も金属もザクザク
日経トレンディ

2017/4/5

日経トレンディ

 普通のはさみやカッターは、どこの家にも1本ずつはあるだろう。2本目を買うなら、用途に応じた優れた商品を選ぶべきだ。さまざまな用途に対応した“一芸はさみ”やカッターを12品紹介する。

■押して切らずに「引いて切る」左右非対称の刃で軽快な切れ味


切れ味は申し分なし。ハンドルも左右非対称で力を入れやすい
ヒキギリスリム チタンコート/ナカバヤシ 
実勢価格1380円(税込み)
 普通のはさみは「押して切る」が、左右非対称の刃で「引いて切る」ことで、スーッと軽い切れ味なのが特徴。機能もさることながら、流麗でシンプルなデザインも売りだ。チタンコートとフッ素コートの2種類を用意する。「刃物の町」岐阜県関市の老舗刃物メーカーとの共同開発品。

■段ボールも金属もCDもザクザク、本家譲りの切れ味で手も痛まない


フィットカットカーブ譲りのベル ヌーイカーブ刃で、段ボールもザク ザク切れた。グリップは軟らかく、長く使っても手が痛くなりにくい
フィットカットカーブ 万能タイプ/プラス 
実勢価格1740円(税込み)
 大ヒットしたフィットカットカーブの切れ味はそのままに、厚紙、段ボール、金属板、針金、CDなどにも対応する万能タイプ。厚みがあり、細かいギザギザのある刃で滑らずしっかり切れる。真ん中には針金を切る穴が備わり、通してグリップを握って切断する仕組み。段ボールなどごみ処理から日曜大工まで、幅広いシーンで活躍する。

■はさみとカッターの「二刀流」、場所を取らないペンタイプ




はさみ部分はレバー部分が持ちやすく、かつカーブ刃なので、見た目とは裏腹に非常に切りやすい。カッターは極小の刃だが、新聞などの切り抜きには十分使えた
切り抜きプロ+カーブ/オート 
実勢価格756円(税込み)
 はさみと極小カッターの2in1。はさみ部分はフッ素加工のカーブ刃で、切れ味はスムーズ。反対側には極小のカッターが仕込まれていて、新聞、雑誌のスクラップや開封などに使える。ペンタイプなので収納性、携帯性にも優れ、さまざまなシーンで役立ちそうだ。

■指を刃に押し付けても切れない、安全性と実用性の好バランス


収納式のスプリングが付いていて、握力が弱い子供でも切る楽しさを味わえる設計。普通のはさみと遜色ない切れ味だった
安全はさみ・きっちょん/クツワ 
実勢価格432円(税込み)
 徹底的に安全に配慮した、子供用“初めてのはさみ”。刃は鋭利ではなくフラットなので、指で触っても基本的に切れない。持ち手に加えて刃先もプラスチックで覆われ、刺す心配もない。それでいて意外に切れ味は損なわれておらず、実用性も十分だ。

■一番上だけくりぬけるカッター、曲線も慣れれば自由に切れる


切りたいものの輪郭に沿って、カッターを動かす。少し慣れが必要
一枚切り抜きカッター/ミドリ 
実勢価格1036円(税込み)
 切りたい写真などをなぞってくりぬけるカッター。先端には極小のセラミック刃があり、ヘッドがクルクル回ることで追従し、自由な形に切れる。持ちやすい流線形で、波線状にも切りやすかった。力を入れ過ぎなければ下の紙を切ることはないので、新聞や雑誌のスクラップなどに役立つ。

■土佐の鍛冶職人による手作り刀、味のあるフォルムで贈答用にぴったり


鉛筆の削り心地は良好。ペーパーナイフなどにも使える
くじらナイフ/冨士源刃物製作所 
実勢価格2100円(ケースなし・税込み)
「子供の鉛筆削り用に、先のとがっていないナイフを作ってほしい」という声に応えて、高知の鍛冶職人が丸いマッコウクジラナイフを作ったのが始まり。手作り感に加えて、ズッシリとした重厚感もある。専用ケースのセットもあり、贈答用によさそうだ。土佐打刃物屋のネット通販などで購入できる。

■チケットやクーポン作りの必需品、くるくる回してミシン目を刻む


切り込みの部分が残ってミシン目になる
ミシン目ロータリー/オルファ 
実勢価格312円(税込み)
 円状の刃に8カ所の切れ込みがあり、紙にミシン目が入れられるカッター。刃は直径18mmのステンレス製。使わないときは黄色いストッパーをスライドさせれば刃が隠れて安全だ。紙だけでなく、フィルムやビニールなどにも使える。チケットにミシン目を入れるなど用途は限られるが、あると便利だ。

■引いて切らずに「押して切る」、刃を“さわれない”安全カッター


切りたい紙にしか刃が触れないので、確実に1枚切りできる
スコッチ ペーパーカッター/スリーエム ジャパン 
実勢価格616円(税込み)
 刃が手に一切触れないペーパーカッター。先端の隙間に紙を差し込んで、引かずに押して切る仕組み。下敷きいらずで、下の面を気にせずスイスイと切れるのはメリットだ。実際に使うと、押して切るのは新鮮。ときどき反対の手を添える必要はあったが、曲線も切れた。新聞や雑誌の切り抜きなどに向く。

■30度の鋭角で細かな作業に最適、手頃な価格ながらプロ御用達の一品


エッジが細いと、手元もよく見えて作業が非常にスムーズだった
プロシリーズ AD-2P/エヌティー 
実勢価格350円(税込み)
 一般的なカッターの刃の角度は59度。これが30度になっただけで、細かい作業が格段にやりやすくなる。プロシリーズであるこの商品は、手頃な実勢価格にもかかわらず、プロも御用達の一品だ。ペーパークラフトや模型製作など、繊細な作業に特に適している。

■使用感、安全性に徹底的に配慮、折るとき、取り換えるときも安心


スライダー部分ごと取り外し、刃に触らずに交換できる
フレーヌ/コクヨ 
実勢価格303円(標準型・税込み)
 切る、折る、交換する……。使いやすさや安全性を見直したカッターで、随所に独自の工夫がある。刃を繰り出すスライダーは横ではなく上部に配置。刃先はフッ素加工でのりが付きにくい。折るための専用ケースを付属し、刃を取り換えるときにも触れずに交換できる。標準型と大型の2種類を用意する。

■「金色の刃」は耐久性にも優れる、持ち手にも工夫がある高機能カッター


見た目の美しさと実用性を兼ね備えた刃。Lサイズもある。段ボールなど硬いものでもしっかり切り落とせた
スコッチ チタンコートカッター/スリーエム ジャパン 
実勢価格407円(Sサイズ・税込み)
 黄金色の理由は、炭素工具鋼刃にコーティングした高硬度チタン合金によるもの。見た目だけでなく実用性にも優れ、従来品の2倍、切れ味が持続する(同社比)とうたう。グリップ部分にも工夫があり、持ちやすい曲線の形状に加え、上下にラバーが貼り付けてあり、滑りにくくなっている。

■いまだ色あせない超ロングセラー、面倒な開封作業が苦にならない


刃が内側に完全に隠れているため、指を切る心配はない。刃を封筒の端に合わせる手間がなく、引くだけでスーッと切れるのは快感
レターカッター/ミドリ 
実勢価格540円(税込み)
 1994年発売の超ロングセラー商品だが、使い勝手は今も色あせない。下のガイド板が封筒の端をしっかり挟み込むことで、スライドさせるだけで確実に角から開封してくれる名品だ。刃が外に出ていない安全設計。カラーリングなどを変えたものを2017年2月9日に発売した。

(日経トレンディ編集部)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [FT]金融業界の経営幹部、女... | トップ | ビジネスホテルがベトナムで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。