経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

「地銀の大株主」生保に不信 金融庁、経営監視求める

2017年02月22日 01時15分58秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC21H0E_R20C17A2EE8000/?dg=1

「地銀の大株主」生保に不信 金融庁、経営監視求める
2017/2/21 21:00日本経済新聞 電子版

 生命保険業界が金融庁幹部の発言に揺れている。主な生保会社は上場地銀の株式を数多く持つ「地銀界の大株主」。それなのに経営の監視役を果たさず、株主の立場をかざして保険の販売を迫っていると金融庁は不信感を募らせる。販売手数料の透明化を求めた昨年に続き、生保業界と金融庁の駆け引きが始まっている。

 「投資先企業の価値向上のために、建設的なエンゲージメント(関与)を含めた投資判断が王道ではないか」。金融庁幹部は17日の意見交換会で生保業界の首脳を前に、株主としてこれまで以上に地銀経営と向き合うよう求めた。ある生保幹部は「寝耳に水だった」と振り返る。

 日本経済新聞社が全国の上場地銀82行・グループの株主を調べたところ、上位10位以内の大株主に明治安田生命保険が七十七銀行など52行、日本生命保険は京都銀行など42行で名を連ねた。両社は株式の保有目的を「純投資」と説明する。上位10位以内に大手生損保が入らなかったのは、池田泉州ホールディングスなど10行にとどまった。

 担保に頼らない地元企業への融資や起業家の育成などの地域貢献を地銀に求める金融庁。17日の意見交換会でも、住宅ローンの低金利競争に明け暮れる地銀のあり方に厳しい口調で言及した。

 生保は預かった保険料を株式や債券で運用し、その収益を契約者への配当や保険金支払いに充てる機関投資家。非効率さが目立つ地銀経営に物申さないのは、運用者としての責務を十分に果たしていないと金融庁の目には映る。

 資本関係を盾にした販売政策にも疑いの目を向ける。自社の保険商品を優先的に取り扱ってもらったり、地銀職員の団体保険で契約の上積みを迫ったりしているのではないかという疑念だ。

 ある生保業界の幹部は「株主の順位で販売する保険が決まるほど単純でない」と指摘。別の関係者も「団体保険では商品性に違いが出ないので、リスク分散の観点からも出資比率に応じた割り当てには合理性もある」と話す。それでも前出の幹部は「これから実態を検証する必要がある」と宣言し、生保業界は身構える。

 「うちの業界にも飛び火してこないか心配だ」。銀行窓口を通じた保険商品の販売は損害保険業界も同じ。損害保険ジャパン日本興亜は広島銀行など32行で上位10位以内に入り、住友生命保険(29行)を上回る。

 銀行窓口での保険販売をめぐっては、販売側の銀行が受け取る手数料によって推奨品が変わるとの批判を受け、昨年秋から店頭で開示が始まったばかり。金融機関に顧客の利益を最優先とした業務運営を求める金融庁の矛先が保険会社と地銀の関係そのものに向かいつつある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.02.21(火) 本日の注目... | トップ | 米国株、一段高 ダウ120ドル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。