経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2016.12.28(水) 本日の注目指標★☆ 本日も動意薄でしょうね…更新

2016年12月29日 00時44分55秒 | 投資ノウハウ


昨晩のNY…

米2年債入札結果 
・最高落札利回り 1.280%(WI利回り 1.275%)
・応札倍率    2.44倍(2.73倍)

イタリア財務省
・イタリア銀への救済基金は十分足りている。
・救済が必要な銀行に対しては十分手当てする。


・NY市場は、動意薄の展開
・英国やカナダ、香港といった市場はまだクリスマス休暇中で市場参加者が少ない
・全体的には薄商いで、トランプ政権からの発信待ちの状態

・ドル円は117円台半ば付近の狭い範囲での振幅

・米商品先物委員会(CFTC)が先週末に発表したIMM投機筋の12月20日時点の建玉報告で円の売り越しは7万5449枚まで拡大
・円ショートは依然として拡大が続いている
・全体で見るとドル・ロングは減少
・年末にきてドル高への熱も一服している

・ユーロは買い優勢の展開
・ユーロドルは1.04台半ばで推移
・狭い範囲での値動きに終始して方向感はない
・来年の欧州の政治イベントからユーロは下げが続くと見ている向きは依然として多い

・ECB理事でもあるクノット・オランダ中銀総裁の発言が伝わっていた
・ECBの資産購入プログラムについて、ある時点で終了する必要があると述べていた
・時期については明言を避けていたが、市場でも来年中にECBは、資産購入の拡大ペースを縮小させてくるとの見方

・原油が50ドルより上で安定すればインフレが急速に上昇してくる可能性
・政治的不安からユーロの下値を追うにしても、決して足元のファンダメンタルズが悪化している状況ではない






本日の経済指標は、本日も動意薄でしょうね?!

08:50↓↑↓↑日本鉱工業生産・速報値(11月)
 結果1.5% 予想1.7% 前回0.0%(前月比)
 結果4.6% 予想4.7% 前回-1.4%(前年比)

08:50↑↑日本小売業販売額(11月)結果1.7% 予想0.8% 前回-0.2%(-0.1%から修正前年比)

日銀 
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITを13億円購入(12月22日以来)
・設備・人材投資企業支援のETFを12億円購入

00:00↓↓米国中古住宅販売成約指数(11月)結果-2.5% 予想0.5% 前回0.1%(前月比)

01:30 米2年物インフレ連動債入札(130億ドル)

03:00 米5年債入札(340億ドル)















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ブログ投稿】ジャム・スプ... | トップ | 【中国の視点】トランプ氏公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。