経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

ロケット開発、キヤノン電子など4社が新会社

2017年08月09日 20時09分16秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09HRS_Z00C17A8TJ2000/?dg=1&nf=1

ロケット開発、キヤノン電子など4社が新会社
2017/8/9 19:29

 キヤノン電子など4社は9日、小型ロケットを開発する新会社を設立したと発表した。4社のノウハウを生かしてロケットを開発、2017年末にも本格的な量産や超小型衛星専用の打ち上げサービスの受注を始める。官主導だった国内のロケット開発は民間に広がり始めている。

 キヤノン電子、IHIエアロスペース、清水建設、日本政策投資銀行の4社で新会社「新世代小型ロケット開発企画」を設立した。約半年かけて事業性を検証する。数年内の打ち上げを目指す。

 打ち上げ費用は競合する海外ベンチャー勢と同程度の1回10億円以下を目指す。50億~150億円かかっていた宇宙航空研究開発機構(JAXA)主導の打ち上げに比べコストを抑える方針だ。

 国内では7月末にインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)が観測ロケットを打ち上げ、20年に超小型衛星用の打ち上げを目指している。衛星打ち上げを実現した民間企業は国内にはまだなく、4社は一番乗りを目指す。

 米調査会社によると、23年の人工衛星の打ち上げ数は16年比4.6倍の460基になると予測されている。海外では米ベクタースペースシステムズが18年にも超小型衛星用ロケットを市場投入するほか、米ロケットラボも同規模のロケット打ち上げに成功している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VCなど3社、仮想通貨使う... | トップ | DeNA、ファッション情報... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事