kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

BMW「7シリーズ」にPHV ガソリン車より安く

2016年10月13日 13時19分59秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13H4M_T11C16A0000000/?dg=1&nf=1

BMW「7シリーズ」にPHV ガソリン車より安く
2016/10/13 11:47

 独BMWの日本法人は13日、最高級車の「7シリーズ」で初となるプラグインハイブリッド車(PHV)を発売したと発表した。ガソリンエンジンは4気筒ながらモーターを併用することで、6気筒のガソリン車を上回る加速性能を実現した。電動車の普及促進を狙い、価格は7シリーズのガソリン車(1205万円~)より安い1169万円~に設定した。

 BMWが日本で販売するPHVは5車種目となり、国内で展開する自動車メーカーの中では最多の品ぞろえとなる。新型PHV「740e iパフォーマンス」は326馬力とガソリン車と同等の出力を確保。停止状態から時速100キロメートルまで5.4秒で到達し、ガソリン車を0.1秒上回る。高性能モーターを搭載し、電気だけで時速140キロメートルまで加速する。ガソリン走行中にも充電が可能で、自宅に充電設備がなくても給油なしに使用できる。

 BMW日本法人の岡田裕治プロダクト・マーケティングマネジャーは同日都内で開いた発表会でPHVの価格設定について「台数を売って初めて環境対応車を出した意味がある」と説明。販売目標は明らかにしていないが「日本はハイブリッドの人気が高い市場で、潜在的な可能性は非常に大きい」と話した。

 BMWは電動車両をディーゼル車と並ぶエコカーの主軸と位置づけ、導入を加速している。14年には電気自動車(EV)の「i3」とPHVのスポーツ車「i8」を相次ぎ発売。i3は16年9月に一部改良し、1回の充電で走行できる距離を従来の1.7倍の約390キロメートルに延ばした。PHVは15年秋に多目的スポーツ車(SUV)の「X5」に設定したほか、今年に入って500万円台の「3シリーズ」や「2シリーズ」にも導入した。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、PHVの国内販売台数は15年に1万4222台。登録車全体の1%に満たないが、BMWのX5や3シリーズでは約2割の顧客がPHVを選択しているという。車両のタイプや価格帯の幅を広げることで多様な顧客の獲得を目指す。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士フイルム、中国・華潤医... | トップ | 自民が狙う年金「強制減額」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。