経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.08.07(月)~ 来週の注目指標★☆… 各連銀の要人発言に伴う、米ドルと、欧州通貨の力関係がポイントになるように見えます! 

2017年08月05日 12時57分58秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…

21:30→↑米国失業率(7月)結果4.3% 予想4.3% 前回4.4%

21:30↑↓↑米国非農業部門雇用者数(7月)結果20.9万人 予想18.0万人 前回23.1万人(22.2万人から修正)

21:30↑↑米国貿易収支(6月)結果-436億ドル 予想-445億ドル 前回-464億ドル(-465億ドルから修正)

コーン米国家経済会議(NEC)委員長
・秋にも包括的な税制改革法案を提出したい。
・恒久的に税制改革をする必要。
・我々は大型減税案で作業している。
・経済成長が歳入減を補うであろう。
・今年の最優先政策は税制改革。

カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁(米雇用統計を受けてツイッター投稿)
・これまでと同じ、何も新しい事はない。


・NY市場は、米雇用統計が予想を上回る内容
・為替市場で、ドル買いが強まる
・ドル円も買い戻し
・米雇用統計発表前の110円ちょうど付近から一時111円台を回復する場面も
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長が「秋にも包括的な税制改革法案を提出したい」と述べたこともフォロー!

・米雇用統計は、現時点では、完璧に近い内容!
・完全雇用に近い
・非農業部門雇用者数(NFP)は20万人超え
・労働参加率も上昇
・失業率は4.3%に再び低下
・平均時給は安心感をもたらした
・前年比では予想を若干上回る
・前月比ではプラス0.3%と高めの上昇

・米雇用統計は、これまで同様、力強い米労働市場が示された!
・ドル安に過熱感
・ドル安の流れに一服感が出るか?
・来週以降の動きに注目!

・来週は米消費者物価(CPI)の発表
・ドル反転の可能性も!

・ユーロドルは急落
・一時1.17台前半まで下落
・下値での押し目買い意欲は依然として強い
・1.17台後半まで戻す!

・為替市場はECBの出口戦略
・米インフレ鈍化からの米利上げ先送りの見方
・ユーロの過度な上値期待

・来週以降、調整モードに入るか警戒される動き
・ユーロ圏の景気回復への期待値は高い
・ユーロ高・ドル安の流れはもうしばらく続くとの見方も多い!






来週の重要指標は、各連銀の要人発言に伴う、米ドルと、欧州通貨の力関係がポイントになるように見えます! 
OPEC関連の用件も出ますので、その内容によっては、株・為替に影響が出る可能性もあります!

7日(月)
☆セントルイス連銀総裁、講演
☆ミネアポリス連銀総裁、講演
☆OPEC加盟国・非加盟国専門会合

8日(火)
・日本国際収支(6月)
☆中国貿易統計(7月)

9日(水)
・中国消費者物価指数(7月)
・中国生産者物価指数(7月)
☆EIA週間石油統計

10日(木)
・NZ中銀政策金利
☆米生産者物価指数(7月)
☆米新規失業保険申請件数(5日までの週)
☆NY連銀総裁、記者会見
☆OPEC月報

11日(金)
※東京市場は山の日祝日で休場
☆米消費者物価指数(7月)
☆ダラス連銀総裁、講演
☆ミネアポリス連銀総裁、講演



来週の米主要企業決算

7日(月)
・マリオット(1.020)
・CBS(0.955)
・タイソン・フーズ(1.188)

8日(月)
・CVSヘルス (1.307)
・ラルフローレン(0.945)

9日(水)
・オフィス・デポ(0.079)
・マイラン(1.175)
・ウォルト・ディズニー(1.555)
・21世紀FOX(0.350)

10日(木)
・エヌビディア(0.813)
・ノードストローム (0.634)
・コールズ (1.180)
・メーシーズ (0.449)

11日(金)
・JCペニー(-0.038)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ポスト安倍」石破氏が首位... | トップ | 【経済と日本株】民進・玉木... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

投資ノウハウ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。