kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

役者が違う 大谷、日本最速記録 日ハム、日本シリーズへ

2016年10月17日 09時09分30秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08434230X11C16A0UU1000/?dg=1

役者が違う 大谷、日本最速記録
日ハム、日本シリーズへ
2016/10/17 2:00日本経済新聞 電子版

 九回表「DHから投手、大谷」がコールされた。「その手があったか」と、ソフトバンク側としては名前だけでも参りました、となりそうなところに球速という数字がとどめを刺した。

9回、プロ野球最速となる球速165キロの球を投じる日本ハム・大谷(16日、札幌ドーム)=共同

 プロ4年目で初の抑えのマウンド。DHで出場し、体がいつもより重かった分、先発より「バタつかずに済んだ」という。その初球、松田への1球目が今季途中まで日本記録だった163キロ。3球目が先ごろ記録した164キロの日本タイ。

 三振を奪った145キロがスライダーというのも驚いたが、ショーの本番はそこからだ。吉村への1球目が165キロ。「球場を支配した」と栗山監督。度肝を抜く日本新で、シリーズ優勝決定試合であることすら忘れる独り舞台とした。吉村は三振。さらに遊ゴロに仕留めた本多の打席でも165キロを2度計測した。

 もともと1回限定ならば、という球速更新への期待はあったが、そのパフォーマンスは人の想像をはるかに越えていた。

 それでも「投げ心地としてはよくなかった。納得できる部分が少なかったので、もっともっとよくなるところの方が多い」とは仰天。一体、大谷は何を見据え、どこまでいこうとしているのか。

 本来、初戦の先発から中4日となる17日の救援を想定していた。しかしこの試合、逆転したところで栗山監督は大谷の投入を考え始めたという。

 直接の会話はなくとも、大谷自身「どんどん投手を使っていたし(出番が)あるかな、と」。最後の一押しはベンチでの大谷の視線だったという。「普段は目を合わせないのにこっちを見ていた。いきますよ、勝ちましょうよ、というように」(栗山監督)

 栗山監督によると「今日みたいな起用は二度とない。来年もない」そうだが、さらなる脱皮の過程にある、投打「2人の大谷」が日本シリーズでも主役になりそうだ。(篠山正幸)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松山、メジャー初V 芝質の... | トップ | 総務省vs通信大手、「0円」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。