経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

NYの視点:FRB、未知の領域へ[FISCO]

2017年09月22日 13時25分49秒 | 市場動向チェックメモ
NYの視点:FRB、未知の領域へ[FISCO]

・米連邦公開市場委員会(FOMC)は保有している米国債、住宅ローン担保証券の保有を10月から12月までまず、各月100憶ドル規模を削減していく。
・2018年第1四半期には各月縮小する規模をさらに100憶ドル増やし、200憶ドルづつ削減していく。

・四半期ごとに各月削減する額を増やし、2018年の第4四半期からは各月500憶ドルの削減と勢いがつく。
・4、5年かけて、総資産を2兆ドルまで削減していく計画だ。

・保有資産の縮小計画について、イエレンFRB議長は、「この計画の主要なメッセージは米国経済のパフォーマンスが良好なことだ」と強調した。
・米国債相場はFOMCの発表を受けて、価格が下落。

・利回りは上昇した。
・米10年債利回りは一時、2%割れ寸前まで低下したが、その後、2.27%まで戻した。

・昨年11月の米国大統領選直後の振り出しに戻った形。
・FRBによる初の試みで、米国債市場も未知の領域に入る。

・バランスシートの縮小で、金利は上昇するが、世界的に国債需要が抑制されると見られている。
・投資家にとり、十分に魅力のある国債がなくなる。

・また、バランスシートの縮小ペースが過剰になった場合、株式相場が崩れ、金利が低下に転じる可能性も十分にありうると、警戒感も根強い。

<CS>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【中国の視点】FRBのバランス... | トップ | 2017.09.22(金) 本日の注目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事