経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

豊洲市場、都が06年から地下空間案 盛り土計画の前

2016年09月15日 12時30分33秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H2S_V10C16A9CC0000/?dg=1&nf=1

豊洲市場、都が06年から地下空間案 盛り土計画の前
2016/9/15 12:20日本経済新聞 電子版

 築地市場(中央区)が移転予定の豊洲市場(江東区)で建物の地下が空洞になっている問題で、東京都が2006年の段階で地下空間の確保を検討していたことが15日、わかった。

 その後、敷地内の土壌から環境基準の4万3000倍のベンゼンが検出され、汚染対策として盛り土をする方針が決まったが、地下に空洞をつくる考え方自体は変わらなかったことになる。

 都は06年10月、「新市場建設協議会」で豊洲市場の基本設計の考え方を示した。議事録によると、水産仲卸売り場の一部に地下空間を設け、「ターレー」と呼ばれる小型作業貨物車の置き場として活用する計画を説明した。地下を利用してスペースを広げようという発想だったとみられ、この段階では業界団体の代表もその計画をおおむね了承した。

 地下空間を活用する案は、土壌汚染対策を検討する「専門家会議」の07年5月の会合でも提案され、ターレーの置き場や雨水貯水場などとして使う方針だった。

 ただ、会議の委員から、地下にある揮発性の有害物質が床の隙間や亀裂から漏れ出す恐れがあるといった否定的な意見が出ていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進、午後に新代表選出 蓮... | トップ | 宮内庁長官に山本次長が昇格... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。