経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

東証前引け、小反落 利益確定売り先行、押し目買いで底堅く

2016年12月13日 12時17分26秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS13_T11C16A2000000/?dg=1&nf=1

東証前引け、小反落 利益確定売り先行、押し目買いで底堅く
2016/12/13 11:51

 13日午前の東京株式市場で、日経平均株価は反落した。円が1ドル=114円台へ上昇したのをきっかけに、利益確定の売りが先行した。朝方は下げ幅を90円まで広げる場面もあった。米国時間13日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)も、投資家の様子見姿勢を誘ったとみられる。ただ、その後は押し目買いで底堅く、一時は31円74銭高の1万9186円77銭まで上昇する場面もあった。

 JPX日経インデックス400は反落し、前日比17.17ポイント(0.13%)安の1万3695.59で終えた。TOPIXは反落した。業種別TOPIXは33業種中17業種が下げた半面、16業種が上昇した。

 12日の米国株は金融株などが軟調だったものの、ダウ工業株30種平均は6日連続での過去最高値更新となり、上昇基調が継続した。米国市場の流れは投資家心理を支え、東京市場でも海運株や保険、証券などこのところ割安感に注目した買いで上昇した業種が売られた半面、医薬品が上昇し、情報通信や食料品も堅調となった。

 前引け時点の東証1部の売買代金は1兆3063円、売買高は11億1987万株、東証1部の値下がり銘柄数は972、値上がりは901、変わらずは125銘柄だった。

 ファストリが下落した。ダイキン、ファナック、京セラも軟調だった。半面、KDDIや花王は高く、有機ELパネルの子会社化が報じられたJディスプレは大幅に上昇した。

 東証2部株価指数は反落。黒田精とシャープが下げた半面、アートSHDとフライトHDが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外相、日中韓首脳会議「来年... | トップ | ポケモンGOに「第2世代」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。