経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

16年の車世界販売、VWが初の首位 トヨタ陥落

2017年01月30日 17時40分37秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD30H0Q_Q7A130C1000000/?dg=1

16年の車世界販売、VWが初の首位 トヨタ陥落
2017/1/30 14:07日本経済新聞 電子版

 トヨタ自動車は30日、2016年の世界販売台数が前年比0.2%増の1017万5000台になったと発表した。同じ期間の独フォルクスワーゲン(VW)の販売台数は3.8%増の1031万2400台。VWは得意とする中国で小型車を対象とした減税の追い風を受け、年間では初の世界首位に立った。

 トヨタの販売台数は子会社のダイハツ工業と日野自動車を含むグループ全体の数値となる。12月時点では1009万1000台程度との見通しを示していたが、これは上回った。国内外の内訳は、国内が2.8%増の223万1000台、海外が0.5%減の794万3000台だった。

 トヨタ単体の海外販売を見ると欧州やアジアが堅調だったものの、北米や中近東が落ち込んだ。北米は原油安を背景に多目的スポーツ車(SUV)などの大型車の販売が伸びる一方、セダンは落ち込んでいる。トヨタは売れ筋の供給能力が追いつかず、セダンの販売不振の影響も受けた。

 17年はトヨタがグループ全体で1020万2000台の販売を計画している。VWは販売計画を公表していないが、グループ全体で60モデルを投入するとの方針を示しており、16年を上回るとの見方が有力だ。ただ、排ガス不正問題の捜査が広がれば、ブランドイメージの回復が遅れる恐れがある。欧州の環境規制の強化も懸念材料だ。

(名古屋支社 奥平和行)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマトHD芝崎専務、「コス... | トップ | VW、中国市場で稼ぐ 販売... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。