経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.08.09(水) 本日の注目指標★☆ 指標的には大きな材料はありませんが、米北の地政学的リスクで! 更新

2017年08月10日 05時25分09秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…

・6月の米求人件数(JOLT)が616.3万件と過去最高。

トランプ米大統領
・米国を脅かさないよう警告。
・米国は猛烈な激しさで対応。

北朝鮮
・現在、弾道ミサイルに搭載可能な小型核兵器を開発する能力があるとワシントン・ポストが米インテリジェンスの分析として報じた。
・小型核弾頭のテストに成功したかは不明。

米3年債入札結果
・最高落札利回り 1.520%(WI:1.529%)
・応札倍率    3.13倍(前回2.87倍)

南ア下院 
・ズマ大統領の不信任決議を否決


・NY市場はドル買い戻しが優勢

・6月の米求人件数(JOLT)が予想を上回ったことが材料視
・JOLTは616.3万件と過去最高

・先週の米雇用統計は強い内容
・今回のJOLTからも企業の採用意欲が強いことが示される
・完全雇用に接近
・賃金上昇に繋がってゆく可能性

・米雇用統計を受け
・9月FOMCでのバランスシート縮小開始は確実視されつつある
・市場の焦点は、年内にあともう1回の利上げがあるか否か
・年内利上げの確率は半々

・市場が利上げ期待を高めるには
・直近のインフレ鈍化が一時的な動きであるという証拠が欲しい
・金曜日の米消費者物価(CPI)をはじめ、インフレ指標を待ちたい雰囲気!

・ドル円も序盤は買い戻し
・午後になって失速

・ワシントンポスト紙が、北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な小型核兵器を開発する能力があると米インテリジェンスの分析を伝えた
・南アのズマ大統領の不信任案が否決されたことなど政治的な話題
・米3年債入札が好調だった
・ドル円を圧迫
・ドル円は上に往って来いの展開!

・夏休みシーズンで市場参加者も少ない
・短期筋中心の動き

・ユーロドルは下落

・ポンドも軟調
・OECDは、英EU離脱交渉への不透明感
・英個人消費にブレーキがかかっている
・英景気は減速するとの見方


米4-6月期企業決算:ディズニー↑


【恐怖指数】警戒感は大きく上昇
・VIXスポット(NY時間:16:14)
・スポット  10.96(+1.03 +10.37%)






本日の経済指標は、指標的には大きな材料はありませんが、米北の地政学的リスクで! 
有事の円買い、それに伴い225が大きく下落!
有事の金が反応していますが、ユーロドルが小動きなので、今のところ、ドル建て商品に大きな動きはありません!

08:00↓↓韓国失業率(7月)結果3.6% 予想3.8% 前回3.8%

08:50↑↑日本マネーストックM2(7月)結果4.0% 予想3.9% 前回3.9%(前年比)

北朝鮮がグアム攻撃をほのめかした
・円高の流れが継続
・昨日から米朝間の舌戦が激しさを増している

ケント豪中銀総裁補佐
・豪ドル高に不満を表した
・豪ドル円は下落

09:30↓豪州Westpac消費者信頼感指数(8月)結果-1.2% 前回0.4%(前月比)

10:30↓↓中国中国消費者物価指数(7月)結果1.4% 予想1.5% 前回1.5%(前年比)

10:30↓→中国生産者物価指数(7月)結果5.5% 予想5.6% 前回5.5%(前年比)

7月の英中銀経済状況報告(エージェンツ・スコア)
・製造業生産が上昇、ポンド安で輸出伸びる
・求人は次第に困難になってきている
・インフレはピークに近づいている公算

日銀 
↑本日は従来型のETFを733億円購入
・設備・人材投資企業支援のETFを12億円購入
・J-REITを12億円購入

独政府 
・北朝鮮の軍事的な威嚇に警告する

英外務省 
・北朝鮮の行動は不安を呼び、非合法的なもの

欧州委 
・北朝鮮めぐる状況を深く懸念

20:00↑米国MBA住宅ローン申請指数(4日までの週)結果3.0% 前回-2.8%(前週比)

米CNN世論調査 ※8月3日から6日に実施された調査
・米国民の62%が北朝鮮を深刻な脅威ととらえている(3月調査では48%)
・対北朝鮮の軍事行動支持は50%

ティラーソン米国務長官 
・北朝鮮からの差し迫った脅威はみられない

トランプ米大統領 
・決して核兵器を使用しないことが望ましい

21:15↑↑カナダ住宅着工件数(7月)結果22.23万件 予想20.50万件 前回21.29万件(21.27万件から修正)

21:30↑↓カナダ住宅建設許可(6月)結果2.5% 予想-1.9% 前回10.7%(8.9%から修正 前月比)

23:00↑↑米国卸売在庫・確報値(6月)結果0.7% 予想0.6% 前回0.6%(前月比)

23:30↑↓↑↓米週間原油在庫統計
・原油  -645.1万(4億7544万)
・ガソリン+342.4万(2億3110万)
・留出油 -172.9万(1億4769万)
・クッシング地区原油 +56.9万(5637万)

02:00!米10年債入札(230億ドル)
・最高落札利回り 2.250%(WI:2.234%)
・応札倍率    2.23倍(前回2.45倍)

エバンス・シカゴ連銀総裁の発言
・バランスシート縮小が金融環境に大きく影響する可能性低い
・最近の弱いインフレは見通しに疑問を生じさせる。
・賃金鈍化は労働市場が更に拡大する余地を残す。
・インフレは2%から高過ぎるよりも低過ぎるほうが負担は大きい。

ブラード・セントルイス連銀総裁の発言
・インフレが年内に上昇するとさほど楽観していない。
・インフレが弱く予防的に行動する必要はない。
・金利を現行水準で維持し、データ分析も可能。
・FOMCは下向きのインフレに驚いている
・欧州の景気回復でドル安は妥当
・景気後退の兆しはないが、何があるか分からない。
・米経済成長は今後数年、2%前後で推移する可能性。

マティス米国防長官の発言
・北朝鮮に関しては外交手段を使用したい。
・もちろん軍事オプションも我々にはある。

06:00・NZ中銀政策金利 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホ経由、消費全体の8%... | トップ | 製造業底堅く 7~9月の機... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。