経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

アジア300指数・11時30分、小幅続落 地政学リスクが影、金融株がさえない

2016年12月20日 17時28分56秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL20HIA_Q6A221C1000000/?nbm=DGXMZO10882860Q6A221C1000000

アジア300指数・11時30分、小幅続落 地政学リスクが影、金融株がさえない
2016/12/20 12:16日本経済新聞 電子版

【NQN香港=桶本典子】20日午前の日経アジア300指数は小幅に5日続落している。日本時間11時30分時点では前日比0.70ポイント(0.06%)安の1031.18。米利上げペースが加速するとの観測を背景に新興国からの資金流出懸念が根強く、売りが続いている。地政学リスクの高まりも投資家心理に影を落としている。

 足元ではトルコの首都アンカラでのロシアの駐トルコ大使銃撃のほか、ドイツでトラックがクリスマス市に突入した事件、中国海軍による米小型無人潜水機の拿捕(だほ)など地政学リスクの高まりを意識させる事件が相次いでいる。クリスマス休暇が近いこともあり、アジア株を積極的に買い進める動きは乏しい。香港市場で中国銀行が、シンガポール市場でDBSグループ・ホールディングス(DBS)がそれぞれ売られるなど、金融株にさえない動きが目立つ。

 半面、前日の欧米株高は相場の一定の下支え要因となっている。韓国市場で時価総額の大きなサムスン電子が上昇。香港市場では、11月の利用者統計を発表した中国通信の中国移動が買われている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東証大引け、年初来高値更新... | トップ | 駐トルコ・ロシア大使銃撃で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。