経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.03.13(月) 本日の注目指標★☆ 欧州要人発言がポイント…更新

2017年03月14日 01時56分54秒 | 投資ノウハウ


本日の経済指標は、欧州要人発言がポイント!
 
08:50→↓→↓日本国内企業物価指数(2月)
 結果0.2% 予想0.2% 前回0.6%(前月比)
 結果1.0% 予想1.0% 前回0.5%(前年比)
 
08:50↓↓↓↓日本機械受注(1月)
 結果-3.2% 予想-0.8% 前回6.7%(前月比)
 結果-8.2% 予想-4.2% 前回6.7%(前年比)
 
13:30↓↑日本第3次産業活動指数(1月)結果0.0% 予想0.1% 前回-0.4%(前月比)
 
週末に英FT紙が、14日にも英離脱通知の可能性で、ポンド買い
・英国のメイ首相は14日にもEUに離脱を正式に通知する見通し
・13日に英下院が上院で可決された修正案を再審議予定
・13日中の法案成立を前提
・14日にも離脱通知できることが期待
 
17:30↑香港生産者物価指数(第4四半期)結果4.0% 前回3.9%(前年比)
 
17:30↓香港鉱工業生産(第4四半期)結果-0.8% 前回-0.1%(前年比)
 
日銀 
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITを購入せず
・設備・人材投資企業支援のETFを12億円購入
 
20:00?リカーネン・フィンランド中銀総裁、講演
 
G20財務相・中央銀行総裁会議関連の報道
・日米財務相会談を現地で17日午前(日本時間同日午後)に行う方向で調整に入った。
・ムニューシン米財務長官は、長期的にはドル高が利益、とする一方
・短期的にはドル高の行き過ぎに警戒感も示していた
・麻生財務相は、ドル円の相場について120円の水準を言及したこと
・市場にはこの水準を麻生シーリングと呼ぶ論調も
・G20草案では公正な貿易関係を求めるトランプ政権に配慮した為替に関する文言も
 
スコットランド
・新たな住民投票へ措置を来週に始める、と表明
・ポンド相場が振れている
・ユーロポンドは一時0.8725近辺に本日の安値を広げる
 
21:45!ラウテンシュレーガーECB理事、講演
・バーゼルⅢ(3)に結論を出すべき時期だ
・強力かつ世界的な規制の壁を構築すべき
 
IMFチーフエコノミストのオブスフェルド氏の発言
・米輸入税は顕著なドル高につながる可能性、新興国などに影響も
・IMFは現時点でECBにテーパリングを提唱せず

22:00?ドラギECB総裁、講演
 
アトランタ連銀 
・新総裁にラファエル・ボスティック氏を指名
・6月5日から就任する予定
 
トランプ大統領の発言
・失策であろるオバマケアを置き換える決意。
・オバマケア撤廃に1年待つのは間違っている。
・オバマケアの前には素晴らしい保険がたくさんあった。
 
バイトマン独連銀総裁の発言
・米国は以前、ドル安の恩恵を被った。
・ドル高は米国の経済への見通しを反映している。
・ユーロに関するドイツへの批判には根拠がない。
・最近のドルの動きは正常な上下動の範囲内。
 
英下院、EU離脱関連法案を再審議
スコットランドのスタージョン行政府首相
・英国からの独立を問う2回目の住民投票実施に向けた法的手続きを開始すると表明
スコットランド行政府
・メイ政権と妥協点を見つけようとした
・メイ政権は強硬姿勢
・スコットランドは、単独でEU単一市場へのアクセスを維持したい姿勢
最新の世論調査は拮抗
・英残留支持が52%
・独立が48%
・メイ首相がコメントを発表
・スタージョン行政府首相の決断は非常に残念だと英BBCとのインタビューで語った
・ポンド売りの反応はない
英政府は3月の最終週にブレクジットを通告する計画

















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わる消費者、変革急ぐ中国... | トップ | 東芝不信極まる 決算再延期... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

投資ノウハウ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。