経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

中国がEV主戦場に 上海ショー開幕、強まる環境規制

2017年04月19日 23時42分48秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19HKP_Z10C17A4TI1000/?dg=1&nf=1

中国がEV主戦場に 上海ショー開幕、強まる環境規制
2017/4/19 23:17日本経済新聞 電子版

 【上海=杜師康佑、竹内宏介】上海国際自動車ショーが19日、開幕した。ひときわ大きなスポットライトを浴びたのが電気自動車(EV)だ。世界的な環境規制の強まりでEV需要は拡大する見通し。中国ではEVの現地生産が2018年から義務づけられるため、各社は中国でのEV強化策を相次ぎ表明した。最大の自動車市場である中国がEVの主戦場になろうとしている。

上海国際自動車ショーに展示されたフォルクスワーゲンの「I.D.CROZZ」(19日、上海)=小高顕撮影

 「中国で電動化を推進する」。独フォルクスワーゲン(VW)で乗用車ブランド部門を率いるヘルベルト・ディース氏は19日、中国でのEV強化を打ち出した。マティアス・ミュラー社長も「中国が第一」と断言する。

 VWは中国の販売台数で首位を走り、25年には世界で販売するEV100万台の約6割を中国に振り向ける。上海国際自動車ショーでEVコンセプト車「I.D.CROZZ(クロス)」を世界初公開するなど、中国がEVの重要市場である姿勢を鮮明にした。1度の充電で走行できる航続距離は500キロメートルで、3年後の生産開始を予定している。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)も「ビュイック」ブランドのプラグインハイブリッド車(PHV)「ヴェリテ5」の販売を中国で始めた。

 中国は09年に米国を抜いて世界最大の自動車市場に成長した。一方で排ガス問題解決のため、中国政府は環境規制を強めている。その一環として、環境負荷が小さい新エネルギー車(新エネ車)の普及に力を入れる。18年から自動車メーカーにEVやPHVといった新エネ車生産を義務づける。20年には年間生産台数の12%相当の新エネ車生産が求められる見通し。

 中国のEV市場で先行する欧米勢を日本車メーカーも猛追する。日産自動車はすでに中国でEVを販売しているが、品ぞろえを拡充する。日産の中国合弁会社・東風汽車の関潤総裁は19日、18年以降に順次「日産」や「インフィニティ」、「ヴェヌーシア」ブランドでEVを本格投入する考えを示した。関総裁は中国のEV市場シェアで「トップ3を目指したい」と強調した。

 ホンダも中国での新エネ車戦略を加速する。PHVの投入時期を20年から18年に前倒しするほか、燃料電池車(FCV)も導入を検討する。トヨタ自動車は中国で「EVを数年内に投入する」との方針を明らかにした。

 高い技術力でガソリン車やハイブリッド車(HV)の低燃費を実現することで世界市場を席巻してきた日本車メーカー。上海国際自動車ショーで新エネ車戦略をアピールできるか。その巧拙が、中国での事業拡大の試金石にもなりそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家公務員の退職給付、民間... | トップ | 米ベライゾンCEO「ディズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。