kzunoguchi

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

市場幹部の2割刷新 小池知事、豊洲問題で 市場長を更迭

2016年10月15日 20時16分52秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO08403440V11C16A0EA2000/

市場幹部の2割刷新 小池知事、豊洲問題で
市場長を更迭
2016/10/15付日本経済新聞 朝刊

 東京都の小池百合子知事は14日、豊洲市場(江東区)の建物の地下に盛り土をしなかった問題で、卸売市場部門のトップである岸本良一中央卸売市場長の更迭を正式に発表した。同部門では主要部長をはじめ管理職の約2割を入れ替える。人員も増やす。責任を明確にするとともに、体制一新で小池カラーを打ち出し、豊洲問題に取り組む姿勢を示す。

 15日付で発令する。都は春と夏に定例の人事異動を実施しており、それ以外の時期の幹部の大幅異動は異例といえる。小池知事は14日の記者会見で、「都議会が(13日に閉会し)一段落した。これから市場のケアがますます重要になっているので、このタイミングにした」と説明した。

 後任市場長の村松明典・産業労働局次長については「調整力に定評があると聞く。課題山積の市場問題にスピード感を持って対応できる人材を配置した」と述べた。現市場長の岸本氏が就く総務局理事については「市場長より格下。公務員として2歩ほど後退したことになる。それをもって処分かどうか判断してもらえば」と語った。

 都の卸売市場を所管する中央卸売市場ではナンバー2の管理部長、豊洲移転を担当する新市場整備部長はじめ、中枢の部課長も交代する。今回、同部門の管理職で異動するのは約2割にあたる。

 同時に人員も増員し、同部門の課長以上を約1割増やす。特に局長級は3人体制とする。従来は局長級は1人だったが、9月に1人増やしたのに続き、今回、技術職を統括する理事(局長級)を配置する。

 さらに市場問題担当の副知事を中西充氏から安藤立美氏に移管する。中西氏は元中央卸売市場長で、今回の盛り土問題の責任も指摘されている。ただ、中西氏は副知事にはとどまり、現在の副知事4人体制を維持する。

 小池知事は今回の人事とは別に、職員らの処分を検討する考えを改めて示した。「前に進める部分で人事刷新。処分は後ろ向きだが、両方重なってくる」と述べた。懲戒処分にあたる職員がいるかを特定する行政監察手続きを進める方針だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボート会場 小池氏発言が波... | トップ | 石原氏の回答「具体性欠く」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。