経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

北朝鮮ミサイル発射 浮かび上がる3つの意図

2017年05月14日 15時36分48秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H23_U7A510C1000000/?dg=1&nf=1

北朝鮮ミサイル発射 浮かび上がる3つの意図
(1/2ページ)2017/5/14 14:19日本経済新聞 電子版

 北朝鮮が14日実施した弾道ミサイル発射は、初めて発射高度が2000キロメートルに達し、約30分間飛行して日本海に着弾した。これらの事実から北朝鮮の狙いを分析すると、「3つの意図」が浮かび上がってくる。

 第1の意図は、「米軍への意趣返し」だ。日本海への着弾は、最近の北朝鮮のミサイル発射ではよくあることだが、今回が特別なのは日本海に米海軍の空母カール・ビンソンを基幹とする空母打撃群(CSG)がいたことだ。

相次ぐ弾道ミサイル発射。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の意図はどこにあるのか=AP

 米韓合同軍事演習が4月30日に終了し、北朝鮮も米朝の軍事的緊張をめぐり「峠を越した」と表明したこともあって、一般には武力衝突の危険性は遠のいたとの受け止めが多いようだが、実態は違う。CSGはなおも日本海にとどまり、北朝鮮ににらみをきかせている。

 「米空母が近くにいると、その艦載機の活発な動きを監視するため、北朝鮮防空部隊のレーダー要員は心底へとへとになってしまうようだ」(日本のある安全保障関係者)。空母から発進した艦載機が、訓練とみせかけながら突然、先制奇襲攻撃に移る可能性があるため、北朝鮮軍は極度の緊張状態に陥るとされる。その期間が長引くほど、北朝鮮政権内部には「米軍に一矢報いたい」との思いが募りやすくなる。

■仕上がりつつある再突入技術

 第2の意図は、「ミサイル防衛(MD)封じ」と「再突入技術」完成の示唆だ。

 今回、北朝鮮のミサイルは初めて2000キロメートルもの高高度まで達した。弾道ミサイルは高い高度に打ち上げるほど、落下・着弾時の速度が増し、守る側からみればMDでも迎撃が難しくなる。北朝鮮はこの特性を生かした「ロフテッド発射」をこれまでも実施してきた。

 ただ、ロフテッド発射をしても弾頭が大気圏に再突入する際に生じる高熱で壊れてしまっては、貴重な核爆弾を搭載してミサイルを発射する意味がない。北朝鮮が再突入体を完成させたかどうかをめぐっては、専門家の見方はわかれている。

 これに関連して注目すべきなのは、北朝鮮が4月29日に実施した弾道ミサイル発射だ。この時、ミサイルは高度71キロメートルまで上昇した後、本体は「爆発」し、ミサイルの構成物が洋上ではなく北朝鮮国内に落下・着弾している。仮に北朝鮮が意図的にミサイルをあの高度で爆発させたうえに、弾頭部分の着弾地点を自国領内にしていたとすれば、着弾した弾頭の残骸を回収し、再突入技術の仕上がり具合を確認した可能性があるのだ。

 第3の意図は「米本土への核攻撃」能力を保持しつつあることを演出したことだ。

■飛行時間30分は「嫌な数字」

 冷戦時代、ソ連が米本土に対し大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射すると、到達までに約30分かかる計算だった。「30分」という数字は、冷戦時代を知る一定以上の年代の米国の安保関係者には実に「嫌な数字」なのだ。

 北朝鮮が確実に米国に打撃を与えたいのであれば、完成途上にあるICBMよりも、性能が成熟・安定した中距離弾道ミサイル「ノドン」などで主要な在日米軍基地を核攻撃するのが合理的だが、それでは米本土にいる政治家や安保当局者への効果的な威圧にはならない。

 今回のミサイル発射で明らかになっていないのは、北朝鮮のミサイルが日本海に着弾しつつある時、洋上に展開していたCSG所属のミサイル巡洋艦や海上自衛隊の護衛艦が、いかなる反応をしたかだ。

 北朝鮮が発射の時間や着弾予定地点を米軍に事前通告せずにいきなりミサイルを撃ったのであれば、米軍や自衛隊は「自分たちに対する先制攻撃か」と相当に緊迫し、場合によっては自衛行動として艦載する迎撃ミサイルを発射してもおかしくない。また米軍であれば、北朝鮮のミサイルの実物を標的に自らのMDの能力を試してみようと考えるかもしれない。

 仮に、米軍や自衛隊が実際に迎撃ミサイルを撃っていたとしても、洋上での出来事だけに、高度な防衛機密に指定してしまえば事実は一般にはわからずじまいだ。もしも実際に迎撃行動に移り、しかも迎撃に失敗していたのだとすれば、事態は相当に深刻である。

(編集委員 高坂哲郎)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見られた映像 …高級シャーペ... | トップ | 40代のもの忘れ、認知症の始... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。