経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

個人が働き方提案、17年のトレンドに リクルート

2016年12月13日 21時42分18秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HGT_T11C16A2000000/?dg=1

個人が働き方提案、17年のトレンドに リクルート
2016/12/13 14:48

 リクルートホールディングスは13日、2017年のトレンド予測を発表した。住まいや進学、飲食など8つの領域ごとに来年の動きを分析した。労働関連では政府の働き方改革も背景に、求職者が企業と勤務条件を交渉する「ライフフィット転職」や個人の力をパズルのように組み合わせる「パズワク」という動きが出てくるとみている。

 転職市場では、勤務先を選ぶ際の優先事項で年収が低下し、待遇や休暇が上昇している。同社の転職サイトでは在宅勤務や残業という言葉で検索をする人も増えている。「個人が主導して、個人の働き方に企業が合わせるといった変化がでている」(リクナビNEXTの藤井薫編集長)という。

 人手不足が広がるアルバイト・パート市場でも「時間やスキルが限定される人も受け入れて企業内で組み合わせていくパズルのような採用」(ジョブズリサーチセンターの宇佐川邦子センター長)に変わってきている。実際に4時間以内の勤務を検索する求職者が増加し、企業側も1~3時間勤務やシフトが自由な求人が増えている。

 飲食分野では外食を通じておいしく気軽に地方創生を応援する「おいし援」が広がり、地域を売りにする外食店が増えている。住まい分野では共働きや在宅勤務の増加を背景に間取りなどリビング空間を充実した「リビ充家族」が増えていくと予測した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経平均が高値更新、内需株... | トップ | 神戸連続児童殺傷、決定文提... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。