経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.06.19(月) 本日の注目指標★☆ 要人発言に注視! 更新

2017年06月20日 03時49分49秒 | 投資ノウハウ


本日の経済指標は、要人発言に注視! 

08:50↓↓↓↑日本通関ベース貿易収支(5月)
 結果-2034億円 予想433億円 前回4811億円(4817憶円から修正)
 結果1338億円 予想3455億円 前回976億円(季調済)

ロウ豪中銀総裁は、首都キャンベラで講演を行った。
・今後数年の豪州の経済成長は、これまでよりも力強さを増す可能性が高い。
・世界経済の回復がサポートとなっている。
・鉱業投資について、より正常な水準への回復がほぼ回復している。

米格付け会社ムーディーズ
・豪州の大手4銀行の格付けをAa2からAa3に引き下げると発表。
・住宅市場のリスク増大を考慮したという。
・この発表を受けて豪ドルが売られている。

18:00!安倍首相、会見
・通常国会で政策論議に集中できなかった
・加計学園問題について時間を割きすぎた
・国会での非難の応酬、国民に申し訳なく感じている
・テロ対策強化は待ったなし

スメッツ・ベルギー中銀総裁
・QEの将来について年内に決める必要がある、と述べた。
・インフレ期待が低過ぎる状態が長期化することはリスク、しっかりと安定する必要、賃金上昇を注視する、としている。
・ユーロ相場はこの発言には特段の動きをみせていない。

日銀 
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITを12億円購入
・設備・人材投資企業支援のETFを12億円購入

英財務省
・フォーブズ氏に次のMPCメンバーにSilvana Tenreyro氏を指名
Silvana Tenreyro氏はロンドン・スクールオブ・エコノミクスの教授

21:00!ダドリーNY連銀総裁、講演
・インフレは米金融当局が望ましいとする水準をやや下回っている
・米経済は完全雇用の極めて近い状況
・経済の信頼感の水準は非常に、非常に高い
・経済の拡大は長期的に続くと確信している
・全般的に雇用市場は比較的良好
・自動化が雇用を奪うとはそれほど警戒していない

米民主党のウォーレン上院議員
・ウェルズ・ファーゴの従業員が顧客に無断で口座を開設した不祥事で、同行の取締役12人の解任をイエレンFRB議長に求めたと伝わっている。
・ウォーレン議員の書簡で明らかになった。
・ウェルズファーゴの株価への影響はいまのところ限定的。

フォーブス英中銀委員
・英中銀はインフレ圧力を過小評価している。
・英消費者物価(CPI)は恐らく3%超に上昇。
・CPIの上昇は一時的なポンド安の影響ではない。
・賃金の伸びは拡大が予想される。

ドル買いが優勢
・ポンドドルで売りが優勢
・ポンド円も売りの勢い

ユーロはNY時間に入って戻り売り
・FOMCでFRBは正常化に向けてタカ派な姿勢を堅持
・インフレ鈍化懸念からドル売りポジションをとっていた向きもショートカバーを入れている
・原油が下げ止まらない
・インフレ鈍化懸念からドルの上値は限定的
・ユーロ圏の景気回復を市場がある程度織り込む
・ECBの量的緩和の拡大ペース縮小への期待
・来年初旬から拡大ペース縮小
・月間100億ユーロのペース縮小で開始するのでは?

デービス英EU離脱担当相の発言
・離脱交渉は有望なスタートを切った。
・英国はEUの単一市場と関税同盟から離脱し、自由貿易協定の締結を要請。
・EUとの関税同盟離脱は大きな利点になる。

ロス米商務長官の発言
・カナダドル買い先行
・カナダもメキシコもいまのところ為替操作国ではない。
・NAFTAの再交渉への不透明感から足元のカナダドルやメキシコ・ペスは弱い動きとなっている
・新NAFTAが合意すれば、不確実性が取り除かれるため、双方の通貨とも上昇する可能性は十分ある
・上昇してNY時間に入ってきた原油が再び下げ
・カナダドルを圧迫

☆エバンス・シカゴ連銀総裁

☆英、EUと離脱交渉開始








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パナマと台湾国交断絶、中国... | トップ | NYの視点:市場、FRBの利上げ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

投資ノウハウ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。