経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

クリントン氏、リード拡大 投票まで2週間 米大統領選

2016年10月25日 04時11分54秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H3F_U6A021C1FF8000/?dg=1&nf=1

クリントン氏、リード拡大 投票まで2週間
米大統領選
2016/10/25 1:14日本経済新聞 電子版

 【ワシントン=吉野直也】米大統領選は11月8日の投票日まで2週間に迫った。世論調査の支持率は民主党のヒラリー・クリントン前米国務長官(68)が優位を保ち、一部で差を広げる。共和党ドナルド・トランプ氏(70)の陣営は劣勢を認めながらも「逆転の可能性はある」とする。大統領就任から100日間の優先政策を発表し、最終盤で追いあげる構えだ。

23日、ノースカロライナ州で演説するクリントン氏=ロイター

 米ABCテレビは23日、先週の第3回テレビ討論会後に実施した世論調査の結果を発表した。支持率はクリントン氏50%で、トランプ氏38%だった。その差は12ポイントに拡大した。13日の前回調査は4ポイントの差だった。

 差が開いたのは、クリントン氏が直接対決のテレビ討論会で「3連勝」した効果や、10月上旬に発覚したトランプ氏による女性へのわいせつな表現と蔑視発言が主な要因だ。調査ではトランプ氏の女性蔑視発言に69%が否定的な回答をした。選挙結果の受け入れを明言しなかったことにも65%が同意しないと答えた。

 有権者の性別でみるとクリントン氏が女性の支持で大幅にリードした。これまでトランプ氏寄りとみられていた男性でも優位になった。クリントン氏は学歴別で大卒者と非大卒者の双方でトランプ氏を引き離した。一方で非大卒の白人層に限るとトランプ氏がクリントン氏を上回っている。

23日、フロリダ州で演説するトランプ氏=ロイター

 主な世論調査を平均した米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の直近の支持率もクリントン氏48.0%、トランプ氏41.9%で、その差は6.1ポイントだ。

 クリントン氏は7月末にトランプ氏の支持率を逆転してから一貫して優勢だ。直近でトランプ氏が最も差を詰めたのが9月18日の0.9ポイント。最近は差が開く傾向にある。クリントン氏は伝統的に共和党が強いジョージア州やテキサス州などでも追撃している。トランプ陣営の選対責任者は23日に「我々は劣勢だ」と認めた。

 ただ、世論調査の情勢分析には不透明な要素も残る。従来に比べてトランプ支持者は世論調査にまともに答える人が少ないとみられ、支持率は低く出やすいといわれている。現時点で支持率にどの程度の修正をかければ、正確な分析になるかは手探りの状況だ。

 残り2週間、クリントン陣営は、激戦州を中心とした選挙戦を展開しつつ、野党・共和党が多数を占める連邦議会選(上下両院)のテコ入れを急ぐ。大統領選を制したとしても、今のように上下両院を共和党に握られたままでは政権運営が難しくなると判断している。

 トランプ氏も巻き返す構え。22日には激戦州のペンシルベニアで演説し、大統領に就任してから100日間の計画を発表した。来年1月20日の就任初日に「環太平洋経済連携協定(TPP)の枠組みからの離脱を表明する」と明言した。中国の為替操作国の認定や、オバマ政権の医療保険制度改革(オバマケア)の廃止も掲げた。

 米国の通信大手AT&Tによるメディア大手タイム・ワーナーの買収合意については「買収を承認しない」と語った。ワーナーはCNNテレビを傘下に抱える。トランプ氏はCNNテレビを「クリントン氏寄り」と非難している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AT&TのCEO、独禁当局... | トップ | 需給相場に潜むリスク あな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。