経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

外相、日中韓首脳会議「来年早期に」 年内断念を表明

2016年12月13日 12時16分43秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H04_T11C16A2EAF000/?dg=1&nf=1

外相、日中韓首脳会議「来年早期に」 年内断念を表明
2016/12/13 10:01
韓国 中国

 岸田文雄外相は13日の閣議後の記者会見で、今月19、20両日で調整していた日中韓首脳会談について、年内の開催を断念すると正式表明した。理由については「諸般の事情」と説明するにとどめたが、韓国国会で朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案が可決されるなど韓国の政局混乱を受けた措置。来年早期の開催を目指すとした。

 外相は「日中韓の対話の枠組みは大変重要だ。できるだけ早く、中国、韓国と調整しながら開催したい」と強調した。

 日中韓首脳会談は原則年1回、3カ国が持ち回りで開いており、今年は日本が議長国。今年は実現しなかったため来年の開催までは日本が議長国を続ける見通しだ。

 今回の日中韓首脳会談では韓国の朴大統領、中国の李克強首相がそれぞれ初来日し、北朝鮮の核・ミサイル開発問題や3カ国の経済連携などを協議する予定だった。3カ国それぞれの個別会談も想定していた。安全保障や経済の3カ国協力を進めるための好機と位置付けられる首脳会談は先送りされる。

 今後の日程としては、朴大統領の弾劾訴追の妥当性を憲法裁判所が原則180日以内に判断し、妥当と判断すれば朴氏は罷免され60日以内に大統領選が実施される。日本外務省幹部は「大統領選となれば次の政権と調整できるのは夏になる」とみる。中国は指導部を刷新する中国共産党党大会を秋に控える。こうした日程を念頭に中韓との調整を進める。

 日本政府内には韓国大統領の職務を代行する黄教安(ファン・ギョアン)首相が来年早期に来日し、日中韓首脳会談を開く案もある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ氏、15日の記者会見... | トップ | 東証前引け、小反落 利益確... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。