経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

米国株、反落で始まる アップル2%安

2017年10月19日 23時47分10秒 | 市場動向チェックメモ
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LANY01_Z11C17A0000000/?dg=1&nf=1

米国株、反落で始まる アップル2%安
2017/10/19 22:58

【NQNニューヨーク=森田理恵】19日の米株式相場は反落で始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比69ドル13セント安の2万3088ドル47セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同40.216ポイント低い6584.004で推移している。香港や欧州など海外株が総じて下げ、米国株にも売りが波及した。米主要株価指数は前日にそろって最高値を更新し、ダウ平均は2万3000ドルの大台を初めて上回った。19日は達成感からの売りも出やすい。

 海外では香港株が2%近く下落。中国人民銀行の周小川総裁が企業や個人の債務増大が相場の暴落を招きかねないと述べたと伝わり、市場心理を冷やしたとの見方がある。欧州はスペイン政治の不透明感が嫌気され、英独仏など主要市場は軒並み下げた。

 アップルが約2%下げて始まり、ダウ平均を下押しした。新製品の「iPhone8」の売れ行きが想定以上に鈍く、減産につながる可能性があるとの報道が売り材料視された。大手証券による投資判断の引き下げが伝わったスポーツ用品のナイキも売りが先行した。

 たばこのフィリップ・モリス・インターナショナルは朝方発表の2017年7~9月期決算で売上高と1株利益が市場予想に届かず、大幅安で始まった。空運大手のユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスは前日夕に発表した7~9月期決算が予想をやや上回ったが、売りが先行した。前日に決算とあわせて最高経営責任者(CEO)の交代を発表したクレジットカードのアメリカン・エキスプレスが下げている。

 通信のベライゾン・コミュニケーションズが上げて始まった。朝方発表した7~9月期決算で、特別項目を除いた1株利益が0.98ドルと市場予想(0.97ドル)を上回った。プリペイドを除く新規契約件数も市場予想を上回ったとみられ、好感した買いが膨らんだ。ソフト大手のアドビシステムズが急伸。前日の投資家向け説明会で示した18年11月期の利益見通しが市場予想より強かった。決算が予想を上回った保険のトラベラーズは小動きで始まった。

 ダウ平均の構成銘柄では日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)や製薬のメルク、ホームセンターのホーム・デポが高い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二所ノ関親方が意識不明 千... | トップ | ホンダ「カブ」生産1億台 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事