経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

台風16号 未明にかけ九州接近、上陸の恐れ

2016年09月19日 19時47分23秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040009_Z10C16A9000000/?dg=1&nf=1

台風16号 未明にかけ九州接近、上陸の恐れ
2016/9/19 17:30

 非常に強い台風16号は19日、鹿児島県・屋久島の西の海上を九州方面に進んだ。夜遅くから20日未明にかけて、風速25メートル以上の暴風域を伴って九州に接近、上陸する恐れがあり、気象庁は暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けた。

黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は25m/s以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

 気象庁によると、台風の接近で列島に停滞する前線の活動も活発になり、19日は西日本中心、20日は西日本・東日本の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨、局地的には猛烈な雨が降る恐れもあり、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

 台風16号は19日午後4時現在、屋久島の西約180キロを時速25キロで北東に進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径110キロ以内は暴風域となっている。

 20日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部40メートル(60メートル)、奄美、四国、近畿30メートル(45メートル)、九州北部25メートル(35メートル)。波の高さは九州南部、奄美で8メートル、近畿、四国で7メートル、東海で6メートルと予想している。

 20日正午までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で九州南部、九州北部で300ミリ、四国250ミリ、近畿、奄美、伊豆諸島150ミリ、中国地方120ミリ、東海、北陸100ミリ。〔共同〕
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧型iPhoneでもSuicaが使える... | トップ | プロ野球 DeNA、初のC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場動向チェックメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。