経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2016.11.07~ 来週の主な予定★☆… 米大統領選の行方を見守りましょう…

2016年11月07日 08時27分21秒 | 投資ノウハウ


先ずは、金曜のNY…

ロックハート・アトランタ連銀総裁
・今後2年間はきわめて緩やかな利上げ環境となろう
・2016年の米成長は2%をやや下回る水準に
・金融引き締めは経済次第で、計画通りにはいかない
・米経済は完全雇用に近づいている
・インフレは低水準で安定、目標をやや下回る
・住宅市場の見通しは改善し続けている
・近い将来のリセッションは想定していない
・米国ではマイナス金利が必要になるとはみていない
・世界経済がたとえ低需要な状況に陥ったとしても、米国経済は成長を維持できる
・貿易の保護主義は輸入物価へ打撃を与える。輸入物価の上昇は、インフレ率上昇に
・米経済がバブルの域に達するのは遠い

カプラン・ダラス連銀総裁
・米国の2016年の経済成長率は2%程度に
・インフレは徐々に2%に到達すると自信を持っている。
・ブレグジットのインパクトを米国は十分に対応できる
・中国の成長の減速は、市場のさらなる波乱を呼ぶことも

コンスタンシオECB副総裁
・ユーロ圏の景気回復は穏やかなものとなる
・インフレは最近ようやく上向いてきた

米連邦当局情報として一部報道機関が発表
・国際テロ組織アルカイダが大統領選に合わせて8日前後に
・NYやテキサス、バージニアなどでテロを計画している可能性がある
・NY市の警察や港湾管理局などに伝えている

タカタ
・年末までに出資者との合意に達する計画にある可能性(米紙WSJ)


・米雇用統計は、10月の非農業部門雇用者数(NFP)こそ予想を下回ったが
・前回値が大きく上方修正され
・3カ月平均としてはに十分な水準

・平均時給の伸びが予想を上回る
・雇用統計全体としても好結果

・12月の利上げ見通しが強まった
・ドル買いが入る場面が見られた

・8日の大統領選を前に、世論調査結果などで情勢が変化する可能性
・積極的な取引が手控えられ、ポジション調整の動きを強めた

・ポンドは…
・ハードブレグジット強硬懸念後退を受けて、対ドルで上昇

・ユーロもポンドにつれ高
・大統領選を前にしてのドル売りの影響
・トランプ大統領が誕生した場合、投資資金の流出先としてユーロが上昇する可能性






今週の重要指標は…

6日(日)
米国は夏時間終了、冬時間へ移行

7日(月)
・日銀議事録(9月21日、22日分)
☆ユーロ圏財務相会合

8日(火)
★米大統領選挙
☆英鉱工業生産(9月)
☆シカゴ連銀総裁、講演

9日(水)
国際収支(9月)
・中国消費者物価指数(10月)
・中国生産者物価指数(10月)
☆米原油在庫統計
・ミネアポリス連銀総裁、講演
NZ中銀政策金利

10日(木)
・日銀、主な意見(10月31日、11月1日分)
☆米新規失業保険申請件数(5日までの週)
・ショイブレ独財務相、イベント参加
・サンフランシスコ連銀総裁、講演
☆セントルイス連銀総裁、講演

11日(金)
☆ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値(11月)
カナダ中銀総裁、講演



米主要企業決算…

8日(火)
D.R.ホートン(0.773)

10日(木)
ウォルト・ディズニー(1.159)
メーシーズ(0.405)

11日(金) 
JCペニー(-0.195)



欧州金融機関決算…

8日(火)
クレディ・アグリコル(0.21)

10日(木)
ウニクレディト(0.09)







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パート主婦の減税拡大、配偶... | トップ | 2016.11.07(月) 本日の注目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

投資ノウハウ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事