経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

日本シリーズ、25日第3戦 日ハム巻き返しなるか

2016年10月25日 04時26分40秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08744450U6A021C1UU8000/?dg=1&nf=1

日本シリーズ、25日第3戦 日ハム巻き返しなるか
2016/10/25 2:18日本経済新聞 電子版

 SMBC日本シリーズ2016は25日、札幌ドームに場所を移して第3戦を行う。予告先発はセ・リーグの広島が黒田、パ・リーグの日本ハムが有原と発表された。連勝スタートを切った広島は、今季限りで引退を表明した右腕の力投で王手をかけ、日本一へ一気に弾みをつけたい。2連敗した日本ハムは本拠地での巻き返しを図る。

広島の先発は今季限りでに引退を表明した黒田投手=共同

 現役生活最終登板の可能性もある黒田は24日、札幌ドームでジョンソンらと調整。肩周りの入念なストレッチなどで体をほぐした。札幌ドームでの登板は2005年6月14日以来となる。感触を確かめるためにマウンドにも上がり、変化球を交えて24球を投じた。

 「レギュラーシーズンも本当に毎試合、常に最後のつもりでマウンドに上がってきた。その気持ちがそれ以上に上がることはない」と黒田。最初で最後の日本シリーズの舞台でも感慨にひたるつもりは毛頭なく「一定の緊張感とプレッシャーを常に持ってマウンドに上がるようにしている。自分の気持ちはほぼ変わらない」と言い切る。

 「自分たちの流れで試合ができた」と振り返る本拠地での2連勝を生かすためにも、日本ハム打線を眠らせておく役割は重要だ。「個人的なことを抜きにして、どれだけ粘り強く投げられるか」と黒田。平常心を貫く本人とは対照的に、ナインには黒田と過ごす「瞬間を大事にして、姿を目に焼き付け心に刻みたい」(新井)との強い思いがある。求心力抜群の右腕で勝利すれば、士気はさらに高まる。

 連敗となった日本ハムは、移動日の全体練習を休みにしてリフレッシュに充てた。信頼度の高い大谷、増井の両右腕で落とした敵地での戦いでは、リーグトップのチーム打率を誇る打線が迫力を欠いた。2戦計2得点で、適時打はゼロと淡泊。本拠地で粘りのある本来の攻撃を取り戻したい。

 第1戦でことごとく得点機をつぶした4番中田は「このままのスタイルでは勝てない。何かを変えないと」と危機感を抱く。ただ、第2戦で2安打を放ち、気分的に多少は楽になったか。

 第3戦から指名打者(DH)が使えることはプラスに働きそうで「その形が打線には一番いい」と城石打撃コーチ。第2戦で代打のみだった大谷がDHでスタメン出場すれば、相手にとって脅威となる。黒田との対決を控え「対戦自体は楽しみだが、まず勝つこと。全員で打ち崩す準備をしたい」と大谷。強力な広島打線と対峙する若い先発投手陣を楽に投げさせるためにも、攻撃陣が早めに援護をしたい。(常広文太、渡辺岳史)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IHI、8年ぶり無配 海洋... | トップ | 日本、サッカーU―20W杯に10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。