経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

18日にかけ雷雨の恐れ 東日本など、気象庁が注意呼びかけ

2017年04月18日 02時06分55秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H13_X10C17A4000000/?dg=1

18日にかけ雷雨の恐れ 東日本など、気象庁が注意呼びかけ
2017/4/17 12:44

 気象庁は17日、急速に発達しながら日本海を北東に進む低気圧の影響で、18日にかけて西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になるとして警戒を呼び掛けた。海上を中心に非常に強い風が吹き、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるという。東日本や西日本では大雨となるところがある。

 気象庁によると、18日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は近畿、北海道で25メートル(35メートル)、四国、関東甲信は23メートル(35メートル)、北陸で22メートル(35メートル)、九州北部、東北は20メートル(30メートル)など。波の高さは、四国、近畿、北陸、関東甲信、東北、北海道で5メートル、九州北部、東海で4メートルなどとなっている。

 18日午前6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、四国が250ミリ、近畿、東海200ミリ、九州の南部と北部180ミリ、関東甲信150ミリなど。

 雨で雪解けが進むため、河川の増水や土砂災害のほか、雪崩への注意も呼び掛けている。〔共同〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグロ漁獲量、国際規制守れ... | トップ | 日経平均1万8000円割れの現... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。